何が違う!? あのチタンリグが進化!イカメタル用「チタンリグシステム新2021年版」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1627897272536.jpg

おはようございます、しょうへいです。

去年の5月くらいに、吉見製作所の新しいベイフィールブランドから新発売のイカメタル用「チタンリグシステム」をご紹介しました。

発売から1年が立ちますが、なんと今年(2021年)新しくリニューアルしました。

全モデルと何が違うのか!?どういった進化!?などご紹介したいと思います。

ところで「チタンリグシステム」って何?2021年モデルは何が違う?

こちらが2021年モデルとして完全リニューアルしたベイフィールの「チタンリグシステム」です。

「チタンリグシステム」とは、イカメタル用のリグ(仕掛け)です。

イカメタルのリグは、通常フロロカーボンやエステルなどで作られていますが、こちらのチタンリグシステム」はリグのラインがなんとチタンワイヤーで作られています。

チタンワイヤーを使うことで得られるメリットはラインが「細い」ことです。

通常イカメタルでは3号前後のリーダーが仕掛けに利用されますが、0.2㎜径のチタンワイヤーの場合で、ナイロン(フロロ)換算で1.5号程度、程度の細さにできます。

そして伸びが一切ないので感度が良い、比重が重いので沈下が速いといったメリットがあります。

また、金属で耐摩耗性がありますので、歯モノ対策にもなります。

そんな「チタンリグシステム」ですが、実は弱点がありまして捻じれ方向の負荷かかかると破損してしまう可能性がありました。

スッテによっては転がるようにフォールするものもありますので、相性が悪いと破損に繋がることがありました。

wp-1627897272505.jpg

そこで、今年(2021年)に新しくリニューアルされた「チタンリグシステム」は、すべての末端にローリングスイベルを付けてネジレを入りにくく設計されているそうです。

ちなみに、こちらはリグの一番下のメタルスッテをつける部分です。

wp-1627897272544.jpg

ドロッパーを付けるエダス部分にも、ローリングスイベル付きのスナップが付いています。

また、直ブラ仕掛けになっていますがスイングしやすいパーツで構成されています。

wp-1627897272520.jpg

こちらは道糸側、こちらにもローリングスイベルが付いています。

ローリングスイベルは1つだけではなく、何かと接続される部分には全て、ローリングスイベルが搭載されており、ネジレが非常に入りにくい構造になっています。

wp-1627897272528.jpg

ちなみに、こちらが旧モデルですが、スナップが直についていました。

転がる系のスッテで強くアワせたりするとトラブルになることがあったそうですが、スイベルの増強でトラブルはほぼ皆無になったそうです。

wp-1627897272553.jpg

新モデルも4種類のバリエーションがラインナップされています。

まずは線径が0.25㎜と0.2㎜の2種類があります。

wp-1627897272562.jpg

そしてそれぞれ、ドロッパーを付けるエダスが5cm(短め)の【攻め】モデルと、更に短めの直ブラになっている【極攻め】モデルの合計4種類がラインナップされています。

  • ラインが細くスレたイカに見破られにくい
  • サゴシ・カマス・エソなど、歯モノに強い
  • 比重6.5で馴染みが速くラインスラッグが出ない為、止めてからアタリを素早く感じれる
  • しなやかなのにハリがあるため、食い上げ時のアタリが明確

全長1mと短く扱いやすいのも◎です。

超感度はそのままに、進化した「チタンリグシステム2021年モデル」を秘密兵器として是非使ってみてください♪

ベイフィールNEWホームページ  https://www.baefeel.jp/company

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索