超便利!セットするだけで簡単ブレードチューン「マスクドスピン」のおすすめの使い方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

火曜、金曜はジギング魂の日!

おはようございます。会長です。

6年目を迎えたジギング魂は、火曜金曜+不定期更新でオフショアルアーフィッシングの情報をお届けしております!

さて、カルティバから今年発売された「マスクドスピン」というアイテムをご存知でしょうか?

トレブルフックなどに後付で簡単にブレードを付けれる便利アイテムなのですが、いろいろな使い方が出来てとてもおすすめのアイテムです。

ちょっと使い方なども含めてご紹介したいと思います♪

超便利!セットするだけで簡単ブレードチューン「マスクドスピン」のおすすめの使い方

こちらがその「マスクドスピン」というアイテムです。

今年の前半ぐらいに、カルティバから発売されました。

使ってみましたところ、凄い便利アイテムでルアーバンクでも仕入れてみたのですが、人気がある為か、一部のカラーとサイズが何ヶ月も在庫がなく、なかなか撮影が出来ず、ご紹介ページ自体を作ることが出来ませんでした。。

今も入荷が出来ないぐらい人気のようです。。

使い方はとても簡単で、ブレードの上についたシリコン製のカバーを「フックアイ」にかぶせて

シリコンをひっぱって伸ばして、針先からシリコンの横穴(長穴)に通します。

考えた人凄いですね!

たったのこれだけでフックにブレードを取り付けできてしまいます。

ブレードチューンは、シーバスジギングやサワラのキャスティング、アジ、ヒラメ、根魚などに効果的です。

他にもおすすめの使い方があって

タチウオ両掛針(極尖タチウオ)にも付けれちゃうんです。

両掛針にスイベルを引っ掛けたら、スイベルの上からシリコンを被せます。

あとはズイズイズイぃ〜と下におろしていくだけで取り付け出来ます。

 

上のスイベル部分は、おまつり対策に後で収縮チューブで固定するのもおすすめです。

タチウオの反応が悪くなった時に試しに付けてみたのですが、特にゼブラグローが「暗い時」はもちろん「深場」でかなり効果的でした。

片面だけ夜光タイプですので、明滅効果が誘うようです。

ただ巻きの誘いも効果的ですが、ロッドの硬さとジグのバランスが悪かったり、フォール時にジグがエビになりやすい場合に付けると、エビになりにくくなりますのでおすすめです♪

トラブル率が減って、釣りの効率がかなりアップします♪ 100mとかでエビになると回収も大変ですし。。

もちろん、トレブルフックと同じ付け方で、タチウオの4本針にも取り付け可能でした。

写真は、極尖タチウオを合体させて作った、4本針。

 

Mサイズを小さなジグに付けるとこんな感じのサイズ。

100gのジグでこんなサイズです。

Lサイズの場合。

根魚やヒラメ狙いなどは大きいブレードを付けたほうが、小さい根魚がかからない感じがしてよかったです。

200gのジグに付けるとこんな感じのサイズです。

ブレードの形状が葉っぱ型(ウィローリーフ)で、早巻きにも対応していますので、サワラのジギングやキャスティングにも良さそうdです。

気軽にブレードを取り付けできる、なかなかの便利アイテムですので、ぜひ一度使ってみてください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索