ジギングのアシストフックを「パイク針」にした時のメリット・デメリットは?

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

昨日は祭日でしたが、全国的に荒れ模様で釣りに行けなかった方も多かったのではないでしょうか?

予定していた釣りがなくなったのでアシストフックを作っていたのですが、そういえばパイクのフックでアシストフック作ったことってないな〜と思い、作ってみたのですが、そもそもパイクフックのメリットやデメリットってなんなんでしょう?

ちょっと考えてみました。

磯釣りあがりなので、がまかつのフックばかり使っていた

実は私、最近は全然やっていないのですが、昔は磯釣りをず〜っとやっていました。

竿は「がまかつ」、ベストからウェアまで全身真っ黒の「がまかつ」一色の磯釣り師で、当然、針も「がまかつ」のものばかり使っていました。

ということで、ジギングのアシストフックもなにも考えずに「がまかつ」のフックを使っていたので、カツイチの「パイクフック」を使うことはなかったのですが、そもそもパイクフックのメリットやデメリットってなんなんでしょう?

パイクフックのメリットとデメリットは?

今、タイミングが悪く、カツイチのホームページがリニューアル中のようで、パイクフックのページが見れないのですが、こうやって並べて比べてみると違いは次の3つになります。

  • フックポイント(針先)が内側を向いている
  • フトコロが広い
  • ゲイプ(ゲイブ)が狭いのかと思いきや、測ってみると狭くはない。

※ゲイプとは針先からシャンクまでの幅のことです。

 

まず、フックポイントが内側を向いているということは、バイトを拾いにくいということになります。

トリプルフックにはカーブポイントとストレートポイントがありますが、フックポイントが内側を向いたカーブポイントよりもストレートポイントの方がショートバイトを拾いやすいです。

ただ、以前に参加したスローピッチの講習会で聞いたことなのですが、フックポイントが内側(チモト)の方を向いていた方が、フッキングした時に力は掛かりやすく刺さりやすいそうです。

アタリは拾いづらいけど針先にさえ乗ってしまえば刺さりやすいのかもしれません。

深いところでジギングではPEが伸びて力が入りづらいのでパイクのようなフックポイントが内側を向いたもののほうがいいのかもしれません。スローピッチ用のフックでパイク針が多いのはそのせい?

フックポイントが内側を向いているので、ゲイプ(ゲイブ)が狭いのかと思いきや、フトコロが広い為、一旦外側に向かいつつ、内側に戻ってきているので、ゲイプ幅は狭くはなっていませんので、その点で掛かりが悪いことはなさそうです。

フトコロが広い分、刺さってしまったら外れにくい(バラしにくい)気はします。

パイクの方が根掛かりはしにくそうですが、根掛かりしたら外れにくいというというのも考えられますね。

メリットとデメリットをまとめると

デメリット

  • アタリが拾いづらい
  • 根掛かりが外れにくい

メリット

  • 小さい力で奥深く刺さりやすい
  • 深く刺さればバレにくい
  • 根掛かりしにくい

ということになります。

小さな差だとは思いますが、これからしばらく使ってみて検証してみたいと思います。

ところで「ツインフック」作るより、「シングル2つ」作った方がよくない?

 

パイクのアシストフックを作ってて何気に思ったのですが「ツインフック」作らなくても「シングルフック」を沢山作っておいてツインにしたい時にシングルを2つ付けた方がいい気がしません?

 

 

色々な長さのフックを作っておけば、段違いにもできますし、フックのサイズやフックの種類も別々のものに変えたりできます。現地でいろいろ変えたりできるのでメリットは多い気がしますが、デメリットはあるのかな?

ソリットリングが2ついることぐらい?

※手元に短いアシストフックがなかったのでズラしてイメージを撮ってます。

1本を普通のフックで、片方をパイクにしてみても面白いかもしれませんね♪

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動