使わなくなったロッドを再利用! 新たなロッドに生まれ変わる!PROX「手作りキットグリップV3」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、しょうへいです。

私の仲間に、自ら竿を作ったり、修理したりするのが趣味の仲間がいます。

竿の作成というと、なかなか面白そうなのですが、難しそうでなかなか手がでません。

ブランクにガイドを付けるのはなんとなくわかるのですが、グリップ周りになるとなんだかややこしそう。

PROXから今年発売の「手作りキットグリップV3」というグッズがとても便利そうなのでご紹介いたします♪

wp-1523955952863..jpg

この竿、私が昔使っていたティップランロッドなのですが、誤ってグリップエンドを破損させてしまいました。

2ピースロッドなので、グリップの下半分だけ交換するわけにもいきませんでした。

ただ、ブランクスの調子がとてもよくサゴシ狙いのライトキャスティングやイカメタルなどに使いたかったので、知識が無いまま自分で治したものです。

そのときは、ティップランロッドだったのでグリップが短く、脇挟みできなかったものを延長しようと、破損してしまったグリップエンドを鋸で切り落とし、ブランクの間に別のカーボンチューブラーを挿入し(これも折れた竿を再利用)、接着してから防水テープでぐるぐる巻きにしたものでした。

「破損したティップランロッドを再生して、グリップ長を伸ばす」という目的は果たしたので、しばらく使っていたのですが、ちょっとかっこ悪いですよね(笑)

また、継ぎを入れているので、あまりしっかりしていなく、最近はあまり使うことがありませんでした。

「グリップだけ別売りしていればいいのにな~」なんてことを思っていたのですが、なんとちょうどい便利なアイテムがあるんです!!

1517985784394_2

こちらはPROXより今年発売の「手作りキットグリップV3」です。

ご覧の通り、竿のリールシート、グリップ、エンドグリップが一体になっている商品です。

ということは、つまりブランクだけ用意してこればポン付けで竿の修理や自作ができるというものです。

1517w985784394_2

このように、内径の異なるグリップエンドが1mm刻みで数種類用意されています。

自分のブランクの根元の径に合わせたものを購入し差し込んで接着して使います。

両軸リールとスピニングリールに両方対応したものと、トリガーの付いた両軸リール専用の2種類があります。

エンドグリップは長く作られているので、使いたい長さに合わせてカットするだけで好みの位置に調節できます。

価格も3,000円前後と安く購入できますので、使わなくなったロッドを改造して再利用したり、なにかの原因で破損してしまった竿を直したりしたい時に利用するといいかもしれませんね♪

使わなくなった、一つテンヤのロッドがあるのですが、スーパーライトジギングに使うのに調子は凄く良いのですが、2.5mとちょっと長すぎますので、こんど切断してスーパーライトジギングロッドに生まれ変わらせたいと思います♪

PROX 手作りキットグリップV3
 http://www.proxinc.co.jp/lineup/page.jsp?mode=id/829

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索