19キャタリナ ベイトリールが来月発売! まずは需要の高そうな15Hから!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

来月のフィッシングショーを控え、いよいよ新製品ラッシュが始まります。

ジギング関連で何か目新しい新製品はないかと探してみたところ、Daiwaから19キャタリナ ベイトリールが発表になっていました。

一体、どのようなスペックなのでしょうか?

早速、見ていきましょう!

19キャタリナ ベイトリールのスペックは? 

写真は3年ほどに発売された、ソルティガのベイトキャスティングモデルです。

発表されている19キャタリナ ベイトモデルの写真はこれ一枚ですが、ほぼ形状は同じです。

スペック表を見てみると、発売されるのは15H機種のみで、

品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
ボール/ローラー
メーカー希望本体
価格(円)
15H 99 6.4 430 8 2-500、2.5-400 75-85 4 / 1 33,900

ソルティガ ベイトキャスティングモデル 15Hスペックと比較してみると

品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
ボール/ローラー
メーカー希望本体
価格(円)
15H 100 6.4 405 8 1-800, 1.5-600,
2-500, 2.5-400,
3-300
75-85 8 / 1 44,000

ベアリング以外、ほぼ同スペックです。

SALTIGAの心臓部をそのまま移植、安心の堅牢ジギングベイト。

オフショアジギング入門に最適なモデル。大型魚と対峙する強度を備えた堅牢アルミダイカストボディ。心臓部にはSALTGIAと同じハイパーデジギアを搭載。パワフルかつスムーズな巻上性能が魅力の1台。ハンドルにもこだわり、長時間握り続けるハンドルノブには、大型ノブを採用。75―85mmコンバーチブルハンドルアームは、用途によって快適なセッティングが可能。また、スプール交換も出来るため、高切れ時などの緊急時や、ライン号数変更も容易。安心の堅牢ジギングベイト、ここに極まる。

Daiwa キャタリナ ベイトモデルhttp://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/salt_rl/catalina/index.html

詳しい情報は、まだこれだけですが、ソルティガ ベイトキャスティングモデルのように、スプール交換も出来るようですし、写真を見る限り、スプールロック機能もそのまま付いていそうです。

Daiwaのスタッフさんに確認したところ、ソルティガ15Hのスプールと互換性があるそうです。

来月2月に右ハンドルモデルの15Hのみ発売とのことですが、ソルティガのように、左ハンドルモデルの15HL、ローギヤの15やワンランクサイズの大きな35サイズ、糸巻き量の少なめの10サイズなどが順次発売されると思われます。

15Hってどんな釣りに向いてるの?

同社から、同じようなジギングリールの「キャタリナBJ」発売されていますが、

品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
ボール/ローラー
メーカー希望本体
価格(円)
200SH/
200SH-L
81 7.3 295 7 2-250
2.5-200
75-85
パワーライトL
6 / 1 34,000

こちらは、軽量のベイジギングモデルです。

私もシーバスジギングや真鯛ジギングなどライトジギングで使っていますが、ブリなど青物が掛かると巻き上げ力にパワー不足を感じます。

品名 巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
ボール/ローラー
メーカー希望本体
価格(円)
15H 99 6.4 430 8 2-500、2.5-400 75-85 4 / 1 33,900

キャタリナの15Hは本格的なジギングリールです。

ソルティガ同様、ハイパーデジギアを搭載しているので、巻き上げ力あり、大型の青物が掛かっても、グイグイ巻き上げれそうでし、糸巻き量も豊富で、計算する限り、3号300m〜1号800mと、近海の青物はもちろん、中深海のジギングにも使えそうです。

ギア比が6.4で巻き取り長さがほぼ100cmと早いので深場からの重いジグの回収も楽そうですね。

ちなみに、15サイズは、シマノのオシアジガーで例えると、1500番クラスのサイズになります。

価格は定価で33,900円ですが、実売価格は大体20%OFF前後ですので、実売価格は2万円中盤ぐらいとお手頃な価格になりそうです。

同じような定価のキャタリナBJをルアーバンクで見てみると

 

 

このぐらいの価格になっています。

サイズ的に、近海のスローピッチのジギングなどで一番使えるサイズですし、中深海の釣りの場合はスプール交換するなど需要が一番多そうなサイズです。

ソルティガとスプールの互換性もあるとのことで、1台目はソルティガ、予備の竿にキャタリナなど2台目の購入にも良さそうですね。

なにはともあれ、本格的なベイトジギングリールが2万円台で買えるのは嬉しい限りです。

フィッシングショーで見てみたい新商品の一つですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索