オシアジガーに19年モデル!? オシアジガーFカスタム登場。変更点7ヶ所まとめ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

かっこいいですね〜。

最近、NEWオシアジガーを購入された方は、

ガビ〜ン!

って思われたのではないでしょうか?

ガビーンって久々に使った。。。調べてみたら、昭和生まれの死語らしいです。。

そんなことよりも、シマノから発表された、オシアジガーFカスタム、スペックや詳細、前モデルとの違いなどをまとめてみました。

Fカスタムって何?オシアジガーの19年モデル「オシアジガーFカスタム」

シマノから突如発表された「オシアジガーFカスタム」は、17年に発売されたNEWオシアジガーに「フォールレバー」が搭載されたモデルのようです。

あのオシアジガーがいよいよフォールレバーを搭載して「Fカスタム」として登場。斬新な形状のフォールレバーは親指1本で瞬時の操作が可能。フォールスピードのみならずジグの水中姿勢をも自在にコントロールし、フォールでの誘いを一層確かなものにします。また、握りやすく力を込めやすい軽量のハンドルノブは中深海の釣りをはじめ高い負荷にも楽々対応。アングラーの負担を軽減します。もちろん、インフィニティドライブとマイクロモジュールギアによる滑らかで力強い巻き上げ、高い剛性・耐久性、スムーズなドラグ性能などジガーが誇るテクノロジーはそのまま継続。1000 番~1500 番はマダイ、タチウオ、根魚、中深海のジギングに、2000番~3000番はカンパチ、マグロなど近海の大型魚を相手にするゲームで真価を発揮します。

よく見ると、メカニカルブレーキノブが長いレバー式のものになっています。

グラップラーシリーズやオシアコンクエストにも、搭載されたフォールレバーが、ついにオシアジガーにも搭載された形になったのですが、モデルチェンジではなくて、現行のNEWオシアジガーはそのまま残るようです。

スペック表をみて、NEWオシアジガーとの変更点をまとめてみました。

HG(ハイギア)のみのライナップ

まず気になるのは、HG(ハイギア)のみのラインナップなところ、NEWオシアジガーは1500番クラスと、2000番クラスにはPG(パワーギア)モデルがありましたが、あとで発売するのか、このまま発売されないのかハイギア専門のラインナップになっています。

待望の3000HGが登場

15年に3000HGが別に登場した為か、NEWオシアジガーには3000HGがラインナップされていませんでした。

オシアジガーFカスタムには3000HGがラインナップされており、インフィニティドライブやマイクロモジュールギア搭載の3000番クラスが実現されました。

多分、間違いではないかと思われますが、スペック表では、重量とスプール幅が2000番と同じになっています。

15オシアジガー3000HGはスプール幅が1cmちょっと広かったですので、恐らくFカスタム3000HGも横幅が若干広いのではないかと思われます。

糸巻き量が3号670mと2000番に比べて「1.67倍」ありますので、恐らくスプール幅は前回モデル同様39mmぐらいだと思われます。

写真を比べてみると

やはりちょっと広いですね。

1000番や1500番もハンドルがT型のパワーハンドルに

NEWオシアジガーは2000番クラスのみT型のパワーハンドルが搭載されていましたが、オシアジガーFカスタムは、1000番、1500番にもT型パワーハンドルノブが標準装備のようです。

こちらが以前のモデル

そしてFカスタムのハンドル

それに伴い、重量がNEWオシアジガーの同モデルに比べて、25g重くなっていますが、2000番クラスが10g重くなっていることを考えると、10gはフォールレバーの分、15gがハンドルノブの増加分と考えられます。

なぜか、1000番と1500番の1回転あたりの巻き上げ量が97cm→98cmと1cm増えていますが、スプール径は同じようですので、誤差の範囲だと思われます。

発売日ですが、1000、1500、2000、3000の右ハンドルのモデルが7月発売、3000番は左ハンドルのモデルがないので、1000、1500、2000の左ハンドルのモデルが8月発売となっています。

価格はNEWオシアジガーに比べて10%程度高いですので、実売価格は4万円中盤〜後半といった感じでしょうか。

オシアジガーFカスタム変更点まとめ

最後にNEWオシアジガーとの違いを簡単にまとめると

  • メカニカルブレーキノブ→フォールレバーに
  • ラインナップはHG(ハイギア)のみ
  • 3000HGがラインナップ
  • 1000番、1500番もT型のパワーハンドルノブに
  • 価格は10%程度UP
  • カラーがグレーでかっこいい
  • 重量が10g〜25gアップ
  • 1000HGと1500HGの1回転当たりの巻き上げ長が1cmアップ
  • 右ハンドルモデルは7月発売、左ハンドルモデルは8月発売

以上、オシアジガーFカスタムまとめでした。

もう、早いところは予約が開始されているようですが、発売待ち遠しいですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索