ダイワのセルテートが超進化! 19セルテートはココがスゴい!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

main

おはようございます、しょうへいです。

続々出てくる新商品の情報ですが、私はリールなら19セルテートに大注目です。

セルテートはもともと中堅~上位クラスのリールとして人気ではありましたが、今年生まれ変わるセルテートは中身が違います。

その秘密はモノコックボディと大型のドライブギアになります。

内部がどうなっているの!?という写真も頂きましたので、あわせてご紹介いたします。

19セルテートは中身とボディがスゴイ!!

o1007104914334011350

こちらが19セルテートの姿です。すっきりシンプルなデザインで渋いのがいいですね♪

リールは性能も大事ですが、見た目もかなり大事!だと思います。

気になるスペックを編集して一覧にしてみました。

品名 LT2500S LT2500S-XH LT2500-H LT3000-CXH LT3000S-CH-DH LT3000 LT3000-XH LT4000-C LT4000-CXH
標準巻糸量
PE 号-m
0.6-200 0.6-200 0.8-200 1.0-200 0.8-200 1.0-200 1.0-200 1.5-200 1.5-200
自重(g) 205 205 205 210 220 225 225 235 235
ギヤー比 5.2 6.2 5.7 6.2 5.7 5.2 6.2 5.2 6.2
最大ドラグ力(kg) 5 5 10 10 10 10 10 12 12
ベアリング(ボール / ローラー) 10 / 1 10 / 1 10 / 1 10 / 1 10/1 10 / 1 10 / 1 10 / 1 10 / 1
ボディ素材 アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ
本格価格(¥) 48500 48500 48500 48500 49500 49000 49000 49500 49500

注目したいのは、まず軽さです!

オフショアで使いたいサイズのLT4000番でも235gとかなりの軽さ。ほんとにこんなに軽くて大丈夫なのでしょうか!?

と思いますが、今回の19セルテートは軽いだけではなく、タフさと巻き上げの強さも兼ね備えているそうです。

その秘密がモノコックボディと大型のドライブギアにあります。

o0890089014335886305

ボディの中身がどうなっているのか、DAIWAの開発の方にお願いして写真を頂きました。

ボディはモノコックボディという、アルミの1部品でできています。これ1つで1部品なので捻れやたわみに強く、剛性がUP。

パーツ同士の隙間も少なくなるので浸水もしにくいかも!?

そしてこれだけ大きなドライブギアを内臓することが可能となりました。

メンテナンスで分解したことがあるので、他のリールのドライブギアの覚えがありますが、それよりも一回りか二周りは大きなギアです。

直径はφ32で、ボディの中身がほぼドライブギアで埋まっています。

ギアの大きさは巻き上げ力の大きさに繋がりますのでこれはかなり期待できそうです。

ギアの素材もタフな素材でできているので、耐久力はバッチリだそうです。

実際にテスト時にLT4000番(旧なら3000番ですね)で水深60mより深いポイントで、ブリを釣り上げてもまったく問題ないそうです。

certate[1]

オフショアで使うなら、LT3000番~4000番でSLJ(スーパーライトジギング)を、LT4000番でライトジギングが良さそうですね。

私は4000番でライトなスピニングの真鯛ジギングに使いたいなと妄想しております(笑)

もちろん、これまでのSLPのアクセサリー類も共通で使えますので自分でドレスアップも可能です。

これからのライト系のオフショアゲームにオススメのリールの登場ですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索