天龍の2019年新モデルが早くもスペック公開! SLJ対応のホライズンLJに注目!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

pop-hlj2_ja[1]

おはようございます、しょうへいです。

昨日の会長の記事にもありましたが、フィッシングショーを控えていよいよ新製品ラッシュがやってきました。

天龍の2019年モデルが先日発表され、昨日詳細なスペックまで発表となりました。

私は天龍の竿が大好きで多数所持しているのですが、今年の竿はまさに「のくらいのが欲しかった!」という感じでした。

ライトジギングカテゴリーのホライゾンLJに2本、ジギングカテゴリーのドラッグフォースに1本の追加がありました。

そんな新製品ロッドのなかから、ホライゾンLJの2種に注目して紹介いたします!!

ライトジギングのホライズンLJはSLJを意識した2本が追加!!

去年、大いに盛り上がったのがSLJ(スーパーライトジギング)です。

ホライゾンLJは天龍のライトジギングカテゴリーの竿で、昨年SLJ用にHLJ641S-FULが追加されていました。

今回追加されたのは、HLJ631S-FLLとHLJ621S-FMLの2本で、FULよりは少しパワーのある番手になります。まずはスペックを見て見ましょう。

MODEL TYPE LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
Best
(g)
LINE PE
(lb)
PE
(号)
Drag Max
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON /GLASS
(%)
PRICE
HLJ621S-FML S 1.88[6’2″] 1 R 188 MAX150 100 MAX20 0.8-1.5 3 450 1.8 123 76/24 ¥33,000
HLJ631S-FLL S 1.90[6’3″] 1 RS 190 MAX120 60 MAX16 0.6-1.2 2 410 1.6 104 77/23 ¥33,000
HLJ641S-FUL S 1.93[6’4″] 1 RS 193 MAX80 40 MAX16 0.6-1.2 2 410 1.6 102 76/24 ¥33,000

一番下に昨年発売のFULも書いていますが、FLLとFMLはFLUに比べて対応ウエイトとMAXドラグが上がっています。

FLLがSLJ向けのちょい強め。FMLがライトジギングのちょい柔らかめというイメージのようです。

FLUは昨年発売しましたので、私も手にしましたが、細身なのにパワーがあることは間違いなく、80cmのシーバスや真鯛でもグイグイ浮かしてくれます。

imgrc0066248766

天龍のテストではスペックをはるかに越えたウエイトをぶら下げてもこの通り、折れることなく根元から曲がってくれています。たまらないですよねこういうの♪

ところで、太平洋側のSLJはイサキ等がメインターゲットになりますが、私の住んでいる福井県ではイサキがあまりいないので、青物や大型真鯛狙いのSLJが去年のメインターゲットでした。

FLUでも問題ない感じでしたが、極端なシャローエリアに行くときはもうちょっとパワーが欲しいと思うこともありました、また不意にブリなど大型青物が掛かってしまうこともまれにあります。

SLJでより大物と安心してファイトしたい方にはFLLやFMLがオススメですね♪

パワーの秘密はバット部分に使われている、カーボンナノチューブ素材であるC・N・T。

天龍のフラグシップであるドラッグフォースにも採用されている素材です。

補足ても竿がシャキっとして魚を持ち上げるパワーが生まれます。

しかしそれだけでは竿が硬くなりすぎてしまうようです、特にSLJはジグが軽くて小さいので、硬い竿でしゃくるとジグが暴れすぎてしまいます。

ホライゾンLJはティップが青いのがトレードマークですが、この部分はグラス素材がコンポジットされています。

つまり穂先はソフトでジグをむやみに暴れさせず、食い込みも良いといいことづくめです♪

グラス素材-カーボン-カーボンナノチューブと素材を組み合わせたホライゾンLJ、かなりオススメの選択です!!

春ごろ発売予定ということで、春の真鯛シーズンにも間に合うかも!?

フィッシングショーでも見ておきたい、楽しみな新作ロッドですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索