ライトタックルの限界へ!?天龍ホライゾン・プログレッシブにスピニングモデルがリリース!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

progure

おはようございます、しょうへいです。

2021年、天龍の新作ジギングロッドの目玉といえばホライゾンMJですが、今年の初夏にかけて、「ホライゾン プログレッシブ」にスピニングモデルが追加されます。

「ホライゾン プログレッシブ」といえば、最新の技術が採用されている天龍のフラグシップモデルとも言えます。

これまでは所謂スロー系のモデルがラインナップされていたので、そのイメージも多いかと思いますが、スピニングモデルはどういったモデルになるのでしょうか!?

一足先にどんなモデルなのかチェックしてみようと思います。

ライトタックルの限界に挑戦!? ホライゾン プログレッシブ スピニングモデル

pruygores

追加されるのはHPG612S-MとHPG642S-LLの2つのモデルです。

ホライゾン プログレッシブは、天龍のホライゾンシリーズをベースに最先端の素材と技術を投入されて開発されたフラグシップモデルです。

これまではホライゾンSLをベースにした、ベイトモデルのみがラインナップされていたので、いわゆるスロー系のイメージが強いかもしれません。

今回追加された2つのモデルは、ホライゾンLJをベースに開発されています。

HPG612S-Mは近海のライトジギングに、HPG642S-LLはスーパーライトジギング(SLJ)に最適なモデルです。

HPG612S-MはHLJ611S-FMが、HPG642S-LLはHLJ631S-FLLがベースになっているようですので、まずは単純にスペック表を並べてみたいと思います。

まずはHPG612S-MとHLJ611S-FMから、

  MODEL LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
Best
(g)
PE
(号)
Drag Max
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
ホライゾンLJ HLJ611S-FM 1.86[6’1″] 1 R 186 MAX200 150 0.8-1.5 3 450 1.9 127
ホライゾンプログレッシブ HPG612S-M 1.86[6’1″] 2 (O.S.H) R 140 MAX200 150 MAX2.0 5 455 1.5 109

こうやって比べてみると、レングス(全長)は同じながら、グリップジョイント2ピースモデルになっていますので、仕舞寸法がかなり短くなっています。

また、ラインやドラグの許容範囲が3kg→5kgとかなり強くなっており、それでいて重さは127gから109gとかなり軽くなっています。

無題

ホライゾンLJはティップがグラスですが、ホライゾンプログレッシブでは低弾性のカーボンが採用されているそうなので、その分も軽くなったのかもしれません。

軽いということはそれだけ使っていて体や手首などへのの負担が少なくなります。

また、バット部はC.N.T(カーボンナノチューブ)が採用されており、さらに粘りを目指してライトタックルながら大型にも対応できる竿になっているようです。

carbonflex

低弾性のカーボンティップと、C.N.T素材の高弾性素材を違和感なくしなやかに1つのチューブラーにされているのが天龍ならではの技術です♪

解説動画でも触れられていますが、PE2号にリーダー40lbくらいを用いて、10kgのブリ、10kgまでのヒラマサまでもターゲットにできる粘りの強さを秘めているそうです。

もともとのホライゾンLJのHLJ611S-FMも所持していまして、1本あれば近海でかなり広く使えるライトジギングロッドでしたが、さらなる大物への挑戦が可能となりそうです。

続きましてHPG642S-LLはHLJ631S-FLLを比較してみます。

  MODEL LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
Best
(g)
PE
(号)
Drag Max
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
ホライゾンLJ HLJ631S-FLL 1.90[6’3″] 1 RS 190 MAX100 60 0.6-1.2 2 410 1.6 104
ホライゾンプログレッシブ HPG642S-LL 1.93[6’4″] 2 (O.S.H) RS 152 MAX100 60 MAX1.5 2.5 410 1.4 97

こちらもグリップジョイント2ピース化されて、とうとう自重が100gを切りました。

許容できるラインの強さ、MAXドラグも強化されています。

wp-1612778644204.jpg

ベースとなったHLJ631S-FLLも、私は所持していまして、今までになんども良い思いをさせてもらっている竿です。

しなやかなティップと粘りの強さで、バラしにくくSLJでの不意な大物にも対応できました。

ホライゾンプログレッシブの方はティップがカーボンになったことでさらに感度もよくなっているそうです。

また、先ほどのMとこちらのLL、どちらもガイドがチタン/トルザイトになっています。

チタン/トルザイトになることでガイドの内径が大きくなり、ラインの抜けがよくなります。

キャストして広範囲を探るスピニングのSLJにはもってこいです。

また、ガイドの内径が大きくなるということは、それだけ太いリーダーを付けることとも可能になります。

私が住んでいる福井県では、水深20m前後のポイントでSLJをすることが多く、不意にヒラマサが掛かってしまい手も足も出ないということもありましたが、このホライゾンプログレッシブであれば、もしかしたらSLJロッドでも対応できるのでは!?と期待してしまいます。

どちらも初夏頃発売といことで、夏の青物シーズンに向けて楽しみになってきますね♪

実はもう1本、3本目のホライゾン プログレッシブのスピニングモデルも開発中だそうで、こちらは山陰地方で人気のスピネギ(ネギング)に対応し広く遊べるというコンセプトの竿のようです。

まだ開発中ということで、今後の展開に期待しながら待ちたいと思います♪

天龍 ホライゾン プログレッシブ https://fishing.tenryu-magna.com/offshore/horizon_progressive.html

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索