オフショアにおすすめのフィッシュグリップ SMITH-スミス「イージーフィッシュグリップ」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1525823444994..jpg

おはようございます、しょうへいです。

皆様、タックルボックスにフィッシュグリップを入れてますか?

乗り合い船に乗っている感じでは、持っている方と持っていない方が半々のように感じますが、オフショアの釣りでも持っているとかなり便利です。

いろいろなフィッシュグリップを使ってみましたが、今日は、これはおすすめ♪と思ったSMITHのイージーフィッシュグリップをご紹介したいと思います。

カチっと握るだけ!しかも外れづらい!? SMITH-スミス「イージーフィッシュグリップ」

wp-1525823445036..jpg

フィッシュグリップといえば、バネの力を利用して魚の口を掴む道具ですが、SMITH-スミスから発売されているの「イージーフィッシュグリップ」は握り手の下のほうに溝が入っていて、カチっと噛み合わさる仕組みのフィッシュグリップです。

ということは、魚の口にセットしたら握るだけで魚を掴むことができます。※通常のフィッシュグリップは握ると開いて離すと閉じる。

ここが、おすすめのポイントなのですが、魚を掴むのにバネの力を使っているわけではないので、掴む力が強いことです。

また、海水でバネが錆びて使えなくなったり、掴む力が弱くなったりということがありません!

そして、カチッとハマったあとはなかなか外れないので、オフショアで相手にするような大型の魚でもガッチリ掴むことができます。

wp-1525823445054..jpg

よく写真をとっている最中などに魚が暴れて外れてしまうことがありますが、一回閉じたら開きませんので外れてしまうということはありません。

wp-1525823444994..jpg

先端の形状が丸いので魚の口を貫通してしまったりすることもありませんし、軽量でコンパクトの為、タックルボックスに入るのも嬉しいです。

オフショアにフィッシュグリップを持っていくとこんな時に便利♪

当然ですが、こんな凶暴な歯を持つ魚を釣った場合に、持ってきてよかった♪と思います。

口についたフックを手で外そうとしたら・・・・・・血まみれになります(笑)

マダイなども意外と歯が鋭いですし、タチウオやヒラメなどもけっこうエグい歯をしていますね。

オニカサゴがつれちゃって・・・みたいなヒレに毒があるタイプの魚が釣れることや、ウツボがつれてしまって大騒ぎという現場も見たことがあります。

魚に直接手を触れなくてもホールドできる道具があると安全です♪

また、釣り上げた魚は口にフックがついたままバタバタと暴れます、フックを外そうと手を近づけると手にフックが刺さってしまう危険性もあります。

歯が鋭くない魚でも、口からフックを外すときは、フィッシュグリップで確保してからプライヤーで外すのが安全だと思います。

リリースのために直接魚に触れて火傷しないようにフィッシュグリップを使っているという方もいらっしゃるようです♪

wp-1515396974250..jpg

おまけですが、フィッシュグリップで距離を稼いで体から離して、腕を隠すように写真を撮るととても大物に見えますよ♪

イージーフィッシュグリップのサイズは、通常タイプの他にミニタイプもあります。狙う魚種に合わせて選ぶことができますし、ステンレス製でしっかりした製品にも関わらず価格が3000円前後とお手頃な価格ですので結構人気の高い商品のようです。

まとめますと

  • 魚をしっかり掴める
  • 魚から外れづらい
  • ステンレス製でシンプルな設計の為、劣化しにくい、壊れづらい
  • コンパクトで軽量
  • 先端が丸く魚にダメージが少ない

特に、魚をしっかり掴みたい!という方にはおすすめのアイテムですので、まだ使ったこと無い方は一度使ってみてください♪

スミス イージーフィッシュグリップ ステンレス

スミス イージーフィッシュグリップ ミニ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索