亜鉛合金のメタルジグ BOZLESボーズレス「HATSU-ハツ」の使い方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1555493562530.jpg

※この記事は2019年4月18日の記事にハツの使い方を追記したリライト記事です。
※開発者の方の釣行に同行し、使い方を教えてもらったので最後の方に追記しています。

おはようございます、しょうへいです。

タングステンや錫(スズ)など、素材からこだわったジグで人気のジグメーカーBOZLES(ボーズレス)より、新しいメタルジグの登場します。

新発売のHATSUは軽比重ジグのようですが、錫(スズ)やアルミ、鉄ではない素材で作られているそうです。

どんな素材なんでしょうか!? 詳しい話を開発者さんに教えてもらいました!!

早いところでは本日発売の店舗もあるという、メタルジグ「HATSU」を速報でご紹介いたします。

 

亜鉛合金が演出する食わせの間!?「HATSU」登場!

wp-1555493562425.jpg

BOZLESボーズレスの「HATSU」は早いお店だと今週中には発売のジグです。私もさっそく手に入れました!

150gのモデルで205mm、180gで210mmとシルエットはロング系のジグです。

見るからにスライド距離が長そうですね♪ 青物に効果がありそうです。

こちらのHATSUですが、錫でできた軽比重ジグかと思いましたが、実は「亜鉛合金」で作られているそうです。

素材 比重(g/cm^3)
11.3
7.87
7.3
亜鉛 7.13

メタルジグに使われる素材の、比重が重ければ重いほど沈下が遅くなり、軽ければ軽いほど沈下が遅くなります。

いくつかの素材の比重を比べてみましたが、亜鉛はほぼ錫と同じか若干軽い素材になります。

比重が軽い素材ですので、フォールが遅く、水平姿勢でゆらゆらとフォールしてくれるそうです。

死んだベイトはゆっくり水平フォールすることが知られています。ジャーク中に魚に食わせる間を与えることができます。

wp-1555493562488.jpg

また、亜鉛合金のメリットは硬さにあります。素材がかなり硬いのです。

ロングタイプの鉛のジグで薄いものは、釣り上げたあと魚が暴れると衝撃で曲がってしまったりすることがありますが、亜鉛合金で出来た「HATSU」はかなり硬いです。

思いっきり握って曲げてみようと思いましたが、まったく曲がりませんでした(笑)

曲がってしまうとアクションやフォール姿勢が変わってしまいます。曲がらないHATSUは最適なパフォーマンスを維持してくれるそうです。

hatsu

アクションはキレのあるロングスライド。

そしてフォールはフラッシングしながらゆっくりと水平フォールをしてくれるジグです。

重心は前寄りで、軽い力でも簡単にスライドしてくれるそうです。

wp-1555493562530.jpg

形状ですが、片面が丸く、もう片面は平らな形状をしています。これが簡単に水平フォールを作れる効果があるようですね♪

ワンピッチジャークや、早巻きからのステイなどで青物にかなりの効果があるそうです。

wp-1555493562385.jpg

テストですが、日本海を中心に3年の歳月を費やしているそうです。

スライド距離とフラッシングで青物に強烈にアピール出来るHATSU。大きい青物を狙うのにかなり良さそうなメタルジグです♪

カラーは5種類、サイズは150gと180gの2種類の展開になっています。

150gが2350円、180gが2250円と、軽比重ジグの中でも手に取りやすい価格設定なのも嬉しいです♪

私は「軽比重ジグ大好き人間」ですので、さっそく今週あたり使ってみて、使い方や結果をレポートしたみたいと思います♪

BOZLES HATSU 
https://bozles.com/seihin/hatsu/index.html

HATSUの開発者直伝⁉使い方とは!!

dsc_62261055364455[1]

HATSUの開発者の方の釣行に同行させていただきました!!

結果は丸々太った10㎏近いブリをGETしてきました。

使ってみて感じたことは、かなり使い心地が軽く、軽い入力で簡単に長距離のスライドと水平フォールを生み出せることでした。

基本的な使い方はワンピッチ・ワンジャークなのですが、引き抵抗が軽いので長時間使っていても身体への負担が少ないのが嬉しいところです。

スライド距離を生かすために、フックはシングルのアシストをフロントのみでOKです。それで十分掛かります。

また、フォールが遅いので早巻きからのストップでラインスラッグを出すような使い方も効果的です。

漂う時間が長いので、魚に食わせる間を明確に与えることができます。

wp-1559200218527.jpg

私もHASTUで8㎏くらいのブリをGETしました。

早巻からのストップでラインをよく見ていると、ラインが止まることがあります。

それが魚がバイトしたアタリですので、フッキングをするといい感じです。

明確にアタリをとらえてフッキングできるのでかなり面白く感じます。

大きなピッチでラインスラッグを出せば、食わせの間を作ることができますし、ショートピッチでも比較的横を向いてくれやすいので、さまざまな使い方ができます。

ブリ・ヒラマサなど、青物にオススメのメタルジグです♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索