ジグのシルエットを小さく見せるには「外側」を塗る?「内側」を塗る?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

しょうへい氏がギックリ腰でダウンしていますので、投稿4連投ですw

昨日、メタルジグをカラーで塗りつぶすことで、ジグのシルエットを小さく見せれないか?

という記事を書きました。 

魚の見えにくいカラーのアンケートや、シルエットを小さく見せる場合、何色で塗るべきかのアンケートなどを取ってみました。

アンケートが面白い結果になり、メッセージ等でいろいろアドバイスを頂きました。

とりあえず「アンケートの結果」をご紹介!

まずは、魚にみえにくいカラーについてのアンケートです。

約1000名の方にご回答頂きました。ありがとうございます!

アクセス数に対してちょっと回答数が少なかったことから「分からない」という方が多かったんじゃないかと思われます。

回答は別れていますが、魚に見えにくい色はあると思われている方が約83%、見えにくいカラーは無いと思われている方が約17%になりました。

見えにくいと思われる色は、赤、青、黒でほぼ同等ですが、赤のみがちょっとだけ抜けている感じでした。

「海底の生物が赤系が多いのは見えにくく隠れれるからと聞いたような?」

という、メッセージも頂きました。ありがとうございます!

「ベイトフィッシュ自体が保護色」というメッセージも頂き、いろいろ調べてみたところ、やはり赤色は深海で発色しにくいカラーで、深海魚が赤いのは外敵から身を守る為の保護色だという文献を目にしました。

つまり、アンケートの結果でも多かった「赤色」が一番、魚に見えにくいカラーなのかもしれません。

メタルジグをカラーで塗りつぶすことで、シルエットを小さく見せることは可能か?というアンケートを取ったところ、こちらも合計76%の方が「可能だ」と考えられているようです。

やはり見えにくい色で回答の多かった「赤色」が同じように「実験して欲しい色」となっていまして、実験は赤色でやってみたいと思います。

がしかし。。。

あくまで私、個人の意見ですが、ジグの周りを塗るのではなく内側を塗るほうが良い気がします。
なぜならバス釣りでも、そうですが濁りの時の定番は黒系で光量の少ない時でも光を吸収してシルエットが、はっきり出るからと言われています。なので塗った場所が、はっきり出ると思うので周りを塗るとジグのシルエットが出てしまい逆に大きさが際立ってしまう様な…

とう、メッセージも頂きました。ありがとうございます!

こんな感じでしょうか?

ただ、見えにく色だと考えられている「赤色」を塗ったら、見えにくそうなので、逆にシルエットがはっきりする色を内側に塗ったほうがいいのでしょうか?

赤色は発色しにくいカラーと書いてありましたので、逆に発色しやすい色を内側、発色しにくい赤色を外側に塗ることで、大きいメタルジグで小さいシルエットに見せることが出来るのかもしれません。

発色しやすい色と言えば「白」かな?

と思われますが、ケイムラもいいかもしれません。

効果は全然分かりませんが、内側を白色にケイムラ、外側を赤色にするのがベスト?

オールグローのメタルジグに外側を赤色で塗りつぶすのが、一番シルエットを小さく見せれるのかもしれません。

レッドヘッドグロー!なんか面白いかも。。

ただ目玉が赤色の部分にあるのも変なので、少し目玉をずらすか、リアをレッドに塗るのがいいのかもしれません。

 ということで、

2つの実験をしてみたいと思います。

  1. 青物爆釣時にジグを「真っ赤」に塗りつぶして釣れなくなるかの実験
  2. でかいグロージグに外側を赤色で塗りつぶしてシルエットを小さく見せることでどれだけ釣れるか?の実験

2の場合、ジグの大きさの割に小さい魚が沢山釣れるようなら。。。シルエットが小さく見えている可能性が高い気がします。

ちょっと時間が掛かる実験ですが、赤ペンをタックルボックスに忍ばせておいて、状況が来たら常に実験してみたいと思います♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索