飲み物も飲める!「息苦しくないUVフェイスカバー」にしてよかった7つのメリット!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

昨日まで、キハダのパワースローゲームを体験しに久米島に行っていたので、先に夏も体験してきたのですが、そろそろ、全国的にも日焼けのする季節になってきました。

私は今まで、日焼け止めを塗っていたのですが、汗をかいた時に目に入って痛いのが嫌で。。。

UVフェイスマスクも買ってみたのですが、息苦しいし、暑いし、偏光グラスが曇るし。。。

やっぱり、日焼け止めに戻っていました。

ところが、ちょっと前に、Amazonで「息苦しくないUVフェイスカバー」という商品を発見し、購入して使ってみたところ、息苦しくないだけじゃなくて、他にもいろいろメリットがありましたので、ちょっとご紹介したいともいます。

「息苦しくないUVフェイスカバー」にしてよかった7つのメリット!

こちらが、その「息苦しくないUVフェイスカバー」で、名前もそのまんま「息苦しくないUVフェイスカバー」という商品です。

普通のUVフェイスマスクと違って、このように鼻の位置と口の位置に、穴が2箇所空いています。

呼吸が通るので、名前の通り、全然息苦しくありません。

蒸れずに涼しいのもかなりのメリットです。

また、夏場は熱中症予防に水分を補給することが多いのですが、いちいちずり下げなくても穴から飲み物を飲むことも出来ます。

通常のフェイスマスクは、息で偏光グラスが曇ることがあったのですが、それも全然ありません。

このフェイスマスク、耳掛け用のゴムが付いていますので、ずり落ちてくることがなく、耳までしっかりと紫外線から保護してくれます。

ゴムは伸びますので、耳から外さずにずり下げることも出来ます。

ゴムがちょうどよい強さになっていて、ずり下げた時に、耳が痛かったり、外れたことは一度もありません。

このようにマジックテープで止める形になっていますので、サイズ調整も若干出来て、上からかぶらなくてもいいのも良く出来ています。

帽子かぶったままでも付けれるのがいいですね。

ただ、普通に使うとこのようにだらっと下に長いですので、帽子のあごひもと併用するとヒラヒラしないのでおすすめです。

若干残念なのが、柄の種類が今回購入したペイズリー柄(グレー)と、ペイズリー柄のブルー、無地ブラックの3種類しかないところです。

機能性やメリットは抜群で、まとめると

  • 息苦しくない
  • 偏光グラスが曇らない
  • 飲み物を飲める
  • 蒸れない涼しい
  • 耳に掛けるゴムでずれない
  • マジックテープで着けやすい
  • 目が痛くない(日焼け止め)

日焼け止めって、意外と高価ですし、これから買わなくていいと思うとちょっと嬉しいです♪

3種類の柄が気にいるかどうか分かりませんが、無地のブラックもありますので、柄は気にならないという方は、ぜひ一度お試しください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索