「HV芯入り」って何?ジギングをトラブルレスに!ちょっと凄いフロロ入りアシストライン

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

青物やマグロジギングなどに超オススメのジギングフック「幻」や、大型のアジ針をSLJやライトジギング用に改良した「ライトショア602」など痒いところに手が届く商品の多いステキ針さんですが、フック(針)以外にもジギングのアシストフック関連のアイテムを何点か出されています。

その中の一つ、「HV芯入りのPEアシストライン」は、一見普通のフロロ芯入りアシストラインに見えますが、実際、他のフロロ芯入りアシストラインと比べてみると全然性能が違う魅力的なアシストラインです。

「HV芯入り」って何?ステキ針「HV芯入りPEアシストライン」

こちらがステキ針さんの、HV芯入りのPEアシストラインをパッケージから開けた状態で、一番左から10号(80lb)、15号(100lb)、20号(150lb)、30号(200lb)、50号(300lb)の5サイズになります。

PEのアシストラインの中に、HV芯と呼ばれる固めのラインが入っていて、

このように、芯の入っていないPEアシストラインと比べると、全然ハリが違います。

メーカーの方に「ところでHV芯って何なんですか?」と質問したところ、厳密に言うとフロロラインではないそうですが、コシの強いフロロ系のラインで、細いながらもしっかりとハリを保てるそうです。 

フロロ入りアシストラインと言えば、中にラインが入っているので太くなりがちですが、他の同じ200lbと比べてみると若干細く仕上がっています。

細いHV芯に合わせた組み方なのか、PEラインの組み方がミチっ!としています。

この為、

他のフロロ芯入りのPEアシストラインと比べてもハリがあります。

実際、青いものと同じ20号なのですが、

若干細いにも関わらず、ハリがあります。また、組み方が密で細いためか結び目もコンパクトに仕上がります。

ハリがあるのに結びに柔軟なのがとても不思議で

結びやすく、結び目がコンパクトに仕上がるのもとてもステキです♪

結びの強度も確かで、先日の実験のように、管付き針に一回の外掛け結び+ハーフヒッチ1回だけで40kgを越え、フックが伸びてもぬけませんでした。

言葉で表すのは難しいですが、この「ミチっ!」とした感じは結ぶと安心感があり、病みつきになります。

中に硬いラインが入っているとは思えない感じで結べます。

厳密に言うとフロロじゃないというのもいいのかもしれません。大きなクセもつき辛いですし、指で強く挟んで伸ばしたり、強く力を掛けて引っ張れば、ナイロンのようにクセが治りやすいです。

フロロ芯入りのアシストラインと言えば、長くてライントラブルの多いアカムツなどの中深海のジギングには必須のアイテムですが

SLJ(スーパーライトジギング)やライトジギングなどのアシストフックにもおすすめで、芯なしPEアシストに比べて、ネジレなどのトラブルが激減します。

芯入りなのに結びに柔軟なので、小さいフックを作る時に重宝しています。

スロー系のジギングにはもちろん

30号(200lb)や50号(300lb)までラインナップがありますので、青物など大物ジギングでも使えて、ヨレが少なくハリのあるアシストフックが簡単に作れますのでおすすめです。


フロロ系HV芯入PEアシストライン 切り売り・セット特売

こちらも、フックやリング同様、お試しできるよう1mでの切り売りや、1パックごとにちょっとずつ価格が安くなるお得セットで販売を開始させていただきました。

そもそも、芯入りアシストラインにしてはお手頃な価格なのですが、少しだけ試して、気に入った号数はまとめてお得に!など自分に合わせた購入方法が出来ますので、気になった方は是非お試しください♪


フロロ系HV芯入PEアシストライン 切り売り・セット特売

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索