メタルジルグの現場グローカスタムがおすすめ!100均の蓄光(グロー)シール活用法

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

 

先日、石垣島にジギングに行った時に、水深250mぐらいのポイントで、釣り友達がタックルボックスから何やら出してきて、ジグにペタペタ貼り出しました。

あ〜ダイソーに売っているアレね!

メタルジルグの現場グローカスタムがおすすめ!100均の蓄光(グロー)シール活用法

チャック袋から出して貼っていたので最初何かわかりませんでしたが、貼っていたのは明らかにダイソーで売っている蓄光シール(小丸型)でした。

目が合った瞬間、「コレ記事にするやろ!」って心の声が聞こえましたがw

モチロンですw 既に買って家にありますし♪

ただ、現場(船の上)で貼るのは考えてもいませんでした。

水深250mの漁礁。。。めちゃ貼りたい気持ちわかります。

今週、富山の深夜便でタチウオジギング行くので、ちょっと貼ってみたいと思います。

 

まずは友達が使っていた、小丸型タイプを貼ってみます。

直径7mmと中ぐらいの大きさです。

30分光を蓄え、約8時間発光するすぐれものです。

30枚(30丸)入っていますので、3枚使うとしてメタルジグ10個は貼れます。

「曲面にも貼れる」とあるとおり、メタルジグの曲面にもぴったり!

なかなかいい感じです。

角形タイプもありますが、

ちょっとが大きいので

ハサミで真っ二つに切断してみました。

幅がちょうどよくなりました。

なかなかいい感じです。

タチウオで使うとボロボロにされて、剥がれてしまうかもしれませんので、マニキュアなどで保護するのもいいかもしれません。

ただ、状況に合わせて現場で、貼ったり剥がしたりできるのはちょっと魅力ですね。

友達は、このように「チャック袋」に入れ替えてタックルボックスに入れていましたので、真似したいと思います♪

タチウオのゼブラグローカラーは人気ですぐにどこも在庫がなくなったりしますし、通常のジギングでも深場でちょっとアピール力をアップしたい時など、パッと出してきて貼れるのはいいですね♪

100均で見かけたら、チャック袋と一緒に購入してみてください♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索