「100%FGノット」手巻きでも100%強度を達成出来るの?強度測定と結び方のコツ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1573209718273.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、100%強度を達成した「FGノット・ジギング魂改良バージョン」について、もう1つ質問をいただきました。

それは、ノッターを使わず、手で結んだ場合でも100%の強度がでるのか?という内容です。

私は普段からFGノットは第一精工のノットアシスト2.0を使っていて、100%強度を達成したのはノットアシストを使って結んだ時の強度です。

手巻きだと改良ポイント(ぐるぐる巻)が非常にやりづらく、強度が上がっている感じがしないそうですが、果たしてどうなのでしょうか?

試しに手巻きで結んでみて強度を測ってみました。

手巻きでも強度は100%になるのか!?

FGkaizou3

再度「FGノット・ジギング魂改良バージョン」の結び方です。

FGノットを道具を使わず、全て手で結ぶの方も多くいらっしゃると思います。

編み込みまでは問題ないのですが、ぐるぐる巻きつけの部分がすこし結びにくいとの意見をいただきました。

wp-1573209263908

まずは全て手だけで結んでみたいと思います。

手で編み込みをするのは久しぶりです♪

wp-1573209263932.jpg

なんとな~く結んでみましたが、確かにぐるぐる巻き付けの部分で苦労しました。

ノットアシストを使う場合はラインの両端が固定されていますし、張った状態です。

手で巻き付ける場合は、うっかり指を離してしまうと巻き付けが戻ってきてしまったりします。

すこし隙間が開いてしまいましたが、これでも強度は出るのでしょうか!?

wp-1573209263935.jpg

結果はノットの内部で切断してしまいました。

FGノットの編み込みの最後が切れ、ぐるぐる巻き付けの部分はヌケてしまいます。

どうも「ぐるぐる巻き付け部分」の密着力が足りないようです。

それでもPE2号で10㎏まで耐えましたので90%という耐力があります。

同様にぐるぐる巻き付けではなく、ハーフヒッチを10回繰り返す方法でも同様の強度になりました。

ぐるぐる巻きをキツめで巻きつけることで、摩擦力が生まれ編み込みまでの力が伝達しにくくなるようです。

wp-1573209263925.jpg

というわけでやりなおします。

FGノットの編み込み→仮止め→増し締めまでは同様で、ぐるぐる巻き付けるときに指で両端を挟んで持つことにしました。

リーダーの端糸を、すこし長めにすることで持ちやすくなります。

この状態で少しやりにくいですが、ラインを3回ぐるぐる巻く、締めるを3セット、合計9ぐるぐるします。

wp-1573209263928.jpg

ぐるぐる巻き付けのあとはハーフヒッチで仮止めをして、しっかり間を詰めました。

ぐるぐる巻き部分が密になっていて隙間ができていないようにするのが良いようです。

wp-1573209263962

今度は11㎏(100%)ノット部ではなく、PEラインの途中(高切れ)で切断されました。

手巻きでもきっちりと巻けば100%は達成できそうです。

  • 指で両端を挟んで張った状態でぐるぐる巻きをする
  • リーダーはすこし長めに端糸を作るとやりやすい
  • ぐるぐる巻きの部分が密になっているようにする

という点がコツのようです♪

FGノットを手巻きでやられる方は、一度お試しください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索