ついにFGノットが100%強度達成!「FGノット・ジギング魂改良バージョン」の結び方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1572344941872.jpg

おはようございます、しょうへいです。

これまでいろいろなノットを試してきましたが、私はなんだかんだでリーダーとPEラインの結束で一番出番が多いのは「FGノット」になります。

FGノットは通常80%以上の耐力があり、焼きコブなどで90%近くの強度にはなりますが、100%強度のPRノットやSFノットには強度は及びません。

ただ、FGノットは結びコブの小さなノットで、アンケートの調査でも、利用されている方が一番多いノットです。

もう少し改良できないかな?といろいろ試してみたところ、ついに100%強度を達成することができました。

「FGノット」は、どこで切れる!?

DSC_8892

FGノットはこれまで焼きコブありで89%、焼きコブがなければ80%程度の耐力がありました。

ノット部にUVレジンを塗ってみて95%を達成したことがありましたが、それでも100%には届いていません。

FGノットが切れるときは、たいてい編み込みの最終部で切れていました。
※実験で多く使っていたPE2号の場合

FGノットはPEラインを交互に編み込む結び方なので、最終部でラインがクロスしてしまいます。

このときPEが横方向の力を受けるので、そこから切れるのではないか?という仮説を立てていました。

DSC_0301[1]

SFノットは編み込み自体はFGノットと同じですが、こちらは100%の強度がでます。

SFノットを結んでいて思ったのですが、PEラインが引っ張られたときに、この切れやすい交差した部分に力が掛からないように何か工夫すれば、強度が上がるのではないかと考えました。

そこで、編込みより後の部分(ハーフヒッチの部分)を別の結び方にして摩擦力を上げてみたところ、100%強度に到達しました。

100%強度を達成!「FGノット・ジギング魂改良バージョン」の結び方

wp-1572344941842.jpg

まずは、通常のFGノット通り、PEラインをリーダーに編み込みます。

編み込みが終わったらハーフヒッチ1回で仮止めしてから増し締め(締め込み)します。

編み込み回数は10セットです(上10回・下10回)
※過去の検証からセット数は8セットでも大丈夫だと思います。0.8号など細い場合は増やしてください。

ここまでは通常のFGノットと同じです。

wp-1572344941876.jpg

ここからが通常版と違うところなのですが、

通常は、本線とリーダーに端糸をハーフヒッチで編み込みますが、ハーフヒッチせずに、ただぐるぐると3回巻き付けます。
※リーダーとPE本線を重ねた上に

3回ぐるぐる巻きしたら引っ張って締め、また3回ぐるぐる巻きして締め、更に3回ぐるぐる巻きして締め、合計で9回。締めながらぐるぐる巻きします。

wp-1572344941881.jpg

巻き付けが終わったら、もう一度ハーフヒッチをして仮止めをします。

次に焼きコブを作り、焼きコブと仮止めの間をハーフヒッチで詰めます。

ここからは、強度には関係ないと思いますが、通常通り、PE本線にでハーフヒッチをしたあとエンドノットで完了です。

通常版と違う部分は、

「編み込み終了のあとのハーフヒッチ」→「締め込みながらぐるぐる巻9回」+「ハーフヒッチ仮止め」

ということになります。

写真だと難しいので手順を図にします。

FGkaizou3

FGノットの編み込みの後に、小さいPRノットを手で作るといったイメージになります。

巻き付けは3回ごとに締めこんだほうが良いようです、9回巻いてから後でまとめる締めてみましたが、あまり上手く締め込みができませんでした。

いろいろ試しましたが、とりあえず3回×3セット以上がよさそうです。

多い分には良いようですが、ノットが大きくなっていきます。

FGノット・ジギング魂改良バージョンの耐力は!?

5回強度を測ってみました。

PEラインは2号、リーダーは8号(30lb)です。

PE単体を、ドラグチェッカー15㎏モデルに挟んみ、引っ張って切ってみたところ11㎏で切れました。

パッケージの表示は13㎏になっていますが、ラインが細すぎる為、どうしても機械の仕組み上、誤差が出ます。

ということで、単体の強度「11㎏」を100%として計算しました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 11 100%
2 11 100%
3 11 100%
4 11 100%
5 11 100%
平均 11 100%

なんと5回とも、PE単体同様、11kg(100%)を達成しました。

wp-1572344941879.jpg

100%を達成している証として、ノット部ではなく、ラインを締め込む締め込み具との接点で高切れしました。

他の100%ノットであるSCノットやPRノット同様です。

ハーフヒッチよりも、ぐるぐる巻のほうが、交差した部分に力を到達させにくいのでしょうか?

今までのように、交差した部分で切れることはありませんでした。

実は以前もぐるぐる巻きでいいのでは!?という記事を書いたことがありますが、単純にぐるぐる巻き付けるよりも3回づつ締めることで効果が増すようです。

今回はFGノッターを使って結びましたが、手結びでも100%強度が可能か確かめてみたいと思います。

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索