新説!? FGノットの補強はハーフヒッチじゃなくてグルグル巻きがイイ!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1558093968198.jpg

おはようございます、しょうへいです。

ジギング魂の記事を書き始めてからたくさんのノットのテストをしてきました。

そのうち、寝ていてもノットを組んでいる夢をみるようになってしまいました(笑)

FGノットの補強はハーフヒッチでなくても良いのでは!?という夢をみました。

夢の話でくだらないと思われるかもしれませんが、実際にやってみました!!

ハーフヒッチじゃなくてぐるぐる巻きでいいのでは!?

wp-1558093968168.jpg

FGノットを組む時、いくつかの個所をハーフヒッチで補強したりしますよね。

編み込みのあとの、リーダーとPE本線を巻き込んだハーフヒッチ、焼きコブを作ったあとの、本線だけとのハーフヒッチなど、何度かハーフヒッチを組むことがあります。

私はリーダーは1回釣りに行ったら結びなおす派なので、結構な頻度で結びなおしますが、ぶっちゃけハーフヒッチ毎回やるのめんどくさくないですか⁉

そんな折、もしかしてハーフヒッチじゃなくてPEをぐるぐる巻きに巻き付けただけでも一緒なのではないか⁉という夢を見ました(笑)

過去の実験では、FGノットのハーフヒッチで補強は有効とはわかっています

wp-1558093968219.jpg

FGノットを編み込んだあと、リーダーとPE本線を一緒に巻き込んでおこうなうハーフヒッチを、ハーフヒッチではなく、余っているPEをぐるぐるに巻き付けるという方式にしてみました。

手順は、

  • 交互編み込み8回(上8回・下8回)
  • 仮止めのハーフヒッチ1回
  • PE端糸をリーダーと本線を巻き込んで10回ぐるぐる
  • 止めのハーフヒッチを1回し、ぐるぐる巻きの部分を締める。
  • 今回は焼きこぶなし!

という感じで結んでみました。

ラインはPEが2号、リーダーがフロロカーボン8号です。

PE単体をドラグチェッカー15㎏モデルに挟んで切ってみたところ11㎏で切れました。

※ラインのパッケージの表示はMAX 16㎏になっていますが、ドラグチェッカーに対してラインが細すぎるので弱く計測されています。相対評価をするために11㎏を便宜上の最大値として計算します。

ぐるぐる巻きでもFGノットは強くなる⁉

wp-1558093968212.jpg

まずはぐるぐる巻きなし、編み込みのあと仮止めのハーフヒッチ1回のみ、で強度を調べてみたところ、平均で9㎏という結果がでました。

続きまして、ぐるぐる巻きでの実験を5回してみました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 9.5 86%
2 9.5 86%
3 9.75 89%
4 9.5 86%
5 9.5 86%
平均 9.55 87%

おおっ⁉

ぐるぐる巻きでも補強の効果はあるようです。500gという差ですが、強くなる分には安心です。

焼きこぶなしで87%という数値ならいい感じですね。

ということはここに焼きこぶを作ると…⁉

wp-1558093968206.jpg

どうせなので焼きコブも作ってみました。

  • 交互編み込み8回(上8回・下8回)
  • 仮止めのハーフヒッチ1回
  • 焼きコブを作る!
  • PE端糸をリーダーと本線を巻き込んで焼きコブまでの距離を詰める
  • 止めのハーフヒッチを1回

という手順です。

焼きコブまでの距離(3~5mmほど)を、ハーフヒッチではなくPEのぐるぐる巻きで詰めます。

ハーフヒッチですと焼きコブにひっかかってぶっちゃけめんどくさく感じていました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 10.5 95%
2 10.25 93%
3 10.75 98%
4 10.5 95%
5 10.5 95%
平均 10.5 95%

なんと、まさかの95%の強度をマーク、めっちゃ優秀です。

補強にはPEのぐるぐる巻きでもよさそうです。

実践で使ってどうなるか(解けてくることがないかどうか)は未検証ですので、今後実戦で使って再度レポートしたいと思います。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索