10円で作れる!超便利な「ジギングサビキの仕掛け巻き」 錆びさせない収納方法も

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

ジギングサビキってタックルボックスに入れておいたりします?

私はマイボートで釣りをする時は、魚探の反応がなんのベイトなのか確かめるために落としたり、超美味しいアジやイワシ、サバなどお土産に釣ったりするのに、よくタックルボックスに入れておきます。

ただ、ジギングサビキで一番困るのが、使った後の収納。

もとの台紙に戻すのは結構大変ですし、海水が袋内でこもると針が錆びてしまいます。

なにかいい収納方法がないか考えていたところ、100円ショップのダイソーでいいものを見つけました。

約10円で作れる!ジギングサビキの収納用「仕掛け巻き」

100円ショップのダイソーで見つけたのは「あみつけネット」と呼ばれる商品です。

手芸コーナーにありましたので、手芸アイテムだとは思うのですが、本来どう使うのかは分かりませんw

 

こちら、普通のハサミで簡単に切断できますので、好きなサイズでカットして

 

好きな場所に針を引っ掛けられる「仕掛け巻き」を簡単に作ることが出来ます。

いろんな形で切断して試してみましたが、それっぽい形の細長いものは、剛性がない為

テンションを掛けると曲がってしまって、非常に巻きづらいです。

 

できるだけ、正方形に近いほうが剛性が出る為、テンションを掛けても曲がりませんし、掛けるところが多く、素早く巻きつけることが出来ます。

 

また、このように端が繋がったまま使うよりも

 

端を切断して、「井」のような形にしたほうが

 

引掛けたラインが横にズレないのでおすすめです♪

 

ジギングサビキに適正サイズを模索してみたところ、13マス×13マスがぴったりサイズで巻きやすく丁度いいサイズのようです。

上下だけじゃなく、全周を「井」のようにカットしておくと、最後横にサルカンを引っ掛けれるのでおすすめです♪

 

11マス×11マスも作ってみましたが、少し掛け辛かったので、13マスか12マスの正方形がいいと思います。

 

ハサミで切断する時に、1マスカットするごとに「プチっ!」「プチッ!」と音がしますので、マスを数えるのは楽ちんです。

  

ちなみに、13マスの正方形にすると、防錆袋にもピッタリ収まりますので、アシストフックと一緒に収納しておくと便利です♪

ジギングサビキの金針は非常にサビやすいので、1週間立つとかなり差が出ますので、防錆袋なかなかおすすめです♪

仕掛け巻きですが、1枚の「あみつけネット」から9枚〜12枚作ることが出来ますので、材料代は1つあたり10円程度で作れます♪

ジギングサビキを使われる方は、是非お試しください♪

防錆袋の紹介記事はこちら 防錆袋の購入はこちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索