3Dプリンターで青物ルアーは作れちゃうのか?試しに作ってみたら完成して釣れちゃった!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先月、購入した3Dプリンター。

ブラックバスやシーバスをされる方は、3dプリンターを使ってルアーを作られている方も沢山いらっしゃるようです。

ただ、青物ルアーを作られている方を、見つけることが出来ませんでした。

とりあえず、青物ルアーが3dプリンターで作れるのか?試してみました。

発泡ルアーの型ではなく、3Dプリンターで直接ルアーを作ってみる

3Dプリンターで直接ルアーの形でプリントしても、錘やワイヤーを入れることが出来ません。

そこで、シリコン型の原型を作って、シリコン型を作り、錘やワイヤーを入れて

硬質発泡樹脂で、ルアーを整形したのですが

市販のプラスチックのインジェクションルアーの用に直接3Dプリンターで印刷したら、そのままルアーが作れないのか試してみました。

まず、発泡ルアーに使ったステンレスフレームに、大体の錘をセットしてみました。

とりあえず大きめを付けました。

その錘を入れる穴を作るために、3dCADで一周り大きいものを書きました。

ルアーのデータを真っ二つに割って、ステンレスワイヤーのデータを配置。

そこに、錘のデータを配置して、

ステンレスフレームや、錘の形で、くり抜きます。

おしりの方は幅が狭いので、穴が空いてしまいました。

薄くなっている所だけ肉厚に。顎はぶつけると折れやすそうですので、抜きませんでした。

位置合わせと、強度を上げるために、凸起も作ってみました。

こいつを反転コピーして、もう片方は穴を開けます。

どうでしょう?ここまで30分ぐらいでしょうか?ちなみに3DCADは1ヶ月前に初めて触りましたが、結構簡単です♪

こいつを3Dプリンターで印刷してみました。

かなり、精密に印刷できているようにみえると思いますが

裏側は浮いている為、サポートと呼ばれるものが付いています。

サポートを外すとこんな感じ。外しても結構凸凹しています。

同じようにもう片方を印刷します。片側1時間半ですので、両面印刷して3時間ちょっと掛かりました。

重さを測ると、フレームと本体だけで32gもあります。目標が40gをちょっと切るぐらい(フックを合わせて40g)ですので、もう殆ど錘を入れることは出来ません

試しにこれでやってみましたが、まっすぐ沈んでいきましたw

ということで、今回はテストですし、後ろだけに軽い錘をいれておくことに、後はフックのサイズやシール鉛で調整したいと思います。

接着はアクリル用の接着剤がいいようで、素材のPLA+(強化PLA)もバッチリ接着できます。

注射器で、隙間に流し込めば、

このように、溶けて接着されますので、水漏れがないそうです。

隙間に入らなくなったらくっついている証拠で、接着自体は1分もあれば乾いてしまいます。

ついでに、ステンレスファイター20号でシングルフックを自作

 

水に浮かせてみたところ、かなりいい感じ!結構浮力を残したので、あとは現場でウェイト調整してみたいと思います!

ざざっとだけ、ペーパーを掛けておきました。シマシマが、なんかいい感じなので、そのままに。

実際は、パテ埋めして、下地塗って、塗装やコーティングをするそうです。

とりあえず、動かせるまでは完成してしまいました。なんだかんだいって、自分でルアーを最初から作ったのは初めてですw

なんか超嬉しい♪

最初は、これを「シイラゲーム」で使ってみたところ

なんと問題なくバンバン釣れました。

4時間ほど10数本釣ったところで、キャスト切れしてどこかに殉職してしまいましたが、シイラが船上でバタバタしても、強度的には全く問題無さそうでした。

素材のPLAは耐熱性が低く、夏の車内などで歪んでしまうなどあるそうですが、個人的に使うには全く問題無さそうです。

3Dプリンタールアー意外と面白いです♪ また、色々な素材で試してヒラマサやブリも釣ってみたいと思います♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索