知ってますか?「釣り用レインウェア」と「アウトドア用レインウェア」の違い

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

釣りにはレインウェアは欠かせないものですが、いろいろなメーカーからデザイン性のあるレインウェアが発売されています。

また、ワークマンなど、お手頃な価格で販売されているレインウェアを釣りで使われている方も多いのではないでしょうか?

先日、そのレインウェアを製造販売されているmazume(マズメ)さんのカタログをみていましたら、「釣り用レインウェアとアウトドア用レインウェアの違い」というのが掲載されていました。

「釣り用レインウェア」と「アウトドア用レインウェア」の違い

そのmazumeさんのカタログというのがこちらです。

Q&A形式で、「釣り用とアウトドア用レインジャケットの違いは?」

という内容で記載されていたのですが、mazuemさんがフィッシング用として販売するレインジャケットはフィッシングフィットといって、袖口が上向きになっているそうです。

こちらが、mazumeさんで購入したレインウェアです。確かに腕(袖)が斜め上に上がっています。

こちらはワークマンで購入したレインウェアです。

比べると、一目瞭然。

防寒着も出してきてみました。防寒着も袖口が上向きに作られているようです。

  • キャストとシャクリ時に肩まわりが突っ張らない
  • ジグをしゃくった時に、ジャケットがずり上がりにくい

という効果があるそうで、確かにキャスティングやスローピッチで腕を大きくあげた時にアウトドア用のレインウェアだと、突っ張ったり、ずり上がったりします。

他にもフィシングフィットの特徴として、

  • 袖口の止水機能により、雨水の侵入を防ぐ
  • フードと立ち襟が独立しているので、フードを伝って雨水が襟の内側に入ってこない
  • フードの先端部分に芯が入っており、垂れ下がって視界を遮らない

など、釣りの目的に合わせた仕様になっているそうです。

試しに登山用のレインウェアをみてみたら、リュックなどを担いで腰回りにベルトを巻くことが多い為か、ポケットの位置が上に付いていました。

レインウェアといっても、目的によっていろいろ仕様が異なっているんですね。

全然知りませんでした。

mazume コンタクトレインスーツ

ワークマンなどでも安くていいと思っていましたが、上下で1万円を切る価格のタイプや、

スクリーンショット 2021-05-07 13.48.29

mazume レッドムーンレインジャケット II(フラッグシップ)

さらに高機能なフラッグシップモデルなどがあり、どちらも非常に人気のアイテムで、売り切れ続出です。

ちょっと高くてもフィッシング用に専用設計されたものを選ぶのもいいですね♪

ご自分の使っているレインウェアの袖など是非チェックしてみてください♪

mazume(マズメ) https://www.mazume.co.jp/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索