真鯛はもちろん!アマラバ、甘鯛ジギングにおすすめの2022年3月新製品使用感レビュー

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。3月になり、少し暖かくなってきました。私のエリアではタイラバやマダイジギングにはまだ少し早いのですが、それまで凪いだ日があると、甘鯛ジギングやアマラバ(アマダイタイラバ)に出かけることがよくあります。

この3月に発売したばかりの、新製品が真鯛狙いはもちろんなのですが、ちょうどアマダイ狙いにもかなりおすすめのアイテムです。

ちょっと先日、使ってみましたので、使用感などをご紹介したいと思います♪

タイラバトレーラーで人気の「海毛虫」のカーリーバージョン「海毛虫カーリー」

まずは、ついに発売になったクレイジーオーシャンの海毛虫curly(カーリー)です。

海毛虫と言えば、アジング用のワームとして発売されたのですが、タイラバのトレーラー用のワームとしても非常に人気の商品です。

タイラバフックにチョン掛けして使うのですが、

メタルジグのアシストフックにチョン掛けして、フォールスピードを落としたり、ただ巻き時のアピール力を増したりとマダイジギングにも使われるアイテムです。

 

タイラバやマダイジギング時にはよくタックルボックスに入れて置くのですが、付けるとアタリが非常に多くなります。

その理由が

エビフレーバー入りの超臭い匂いと

このイボイボが水流を受けて出す微波動です。

その人気の海毛虫の基本性能を受け継ぎ、更に寄せる力を高めたのが、新発売した「海毛虫curlyカーリー」です。

今回は、パッケージに「タイラバ」とあるように、アジングではなくタイラバ用として発売されました。

前回の海毛虫のテールがカーリー形状になっており、そのカーリーテールにもイボイボが付いています。

少し巻くだけでゆらゆらと動き、強い波動効果で広範囲のターゲットにアピール

もちろん、あの臭い「エビフレーバー」も搭載されており、寄せる力が非常に強いアイテムです。

フックにこのようにチョン掛けして使うだけですので使い方は簡単です。

前回同様、軽比重のHF(ハイフロート)モデルもあり、フックがフワッと落ちる為、根がかり回避性能も高くなっています。

魚を寄せ付ける威力は、こちらの動画でお分かりいただけると思います♪

真鯛はもちろん、

マハタなど非常によく釣れています。

アマダイも一投目から釣れており、アマラバのトレーラーとしても非常に期待できます。

動画の中では1本付けが多かったので

二本付けても、ちゃんと動くのか確かめてきましたが、問題なく使えました。

残念ながら、風、潮ゼロで船が流されず、アマダイ狙いは出来ませんでしたが、根魚が水深60m〜20mぐらいまで追ってきており、問題なく好反応。

当たるけど、乗らない場合は、ちょっとカットしたりして使うもの良さそうです。

非常に波動が強いので、

魚探に反応は映るけど食わないなど、波動が強すぎる場合は、1本外したり

海毛虫の通常タイプに変えたりするのも良さそうです。

 

かなりおすすめのアイテムですので、ルアーバンクでもたくさん入荷しましたが、紹介前に既にかなり無くなってしまいました。

本格的なタイラバシーズンにはタックルボックスに入れておきたいアイテムです。ぜひ一度お試しください♪

あの大鯛連発のドテラマルの新サイズ!アマダイジギング、スピネギ(ネギング)にもおすすめ!

昨年、春発売して80cmを超える大鯛を連発した、07HOOK(ゼロナナフック)のドテラマル。

昨年は、105gだけの1サイズだけの発売でしたが、この3月に新しく125g・155gが発売になりました。

ドテラマルは、名前の通り、ドテラ流し斜め引き用のメタルジグで、広範囲のターゲットに斜め引きで幅広くアピール。

弱った魚のようなヨロヨロとした微波動で、

真鯛ジギングはもちろん、

シーバスジギングにもおすすめ!

ただ巻き以外にも、ハーフピッチジャークなど細かい一定のリズムのジャークの釣りにもおすすめで

スピネギ(ネギング)よる根魚狙いでも、大活躍のメタルジグです♪

アマダイジギングにも大活躍のメタルジグですが、105gだと少し軽すぎるという場面がありました。

今回、125gと155gが発売され、水深60mでも使いやすくなりました。

早速、使ってきましたが、サイズ感はそれほど大きく変わってないため、使用感は105g同様使いやすく

ちょっと流れが速い場面やアマダイの多い、70m、80mラインでも非常に扱いやすいサイズになっていました。

まだ、シーズン前ですが、既に深場の真鯛でも活躍が始まっており、

本格シーズンには、大鯛連発の期待できるメタルジグです♪

非常に引き抵抗の少ないメタルジグで、早巻きの青物狙いにも向いているメタルジグで

漁礁近くで早巻きでヒラマサ狙うことも出来ます!

早巻きに、がっつりと丸呑み。。

また、ドテラ用のメタルジグですが、センターバランス形状の為、実はフォールも優秀。

水流を受けるとくるっと横を向き、ひらひらとターゲットを誘ってくれます。

昨年から、タチウオジギングにも使われているようで、私も使ってみましたが、引き抵抗の少ない早巻きで追わせてからのフォールでドーン!のパターンが非常に効果的でした。

125g、155gの登場で、更にタチウオジギングでも期待できるアイテムです。

ただ、ドテラマルは生産数が少なく、シーズンになると直ぐに完売になってしまう少量生産のアイテムです。

 

海毛虫カーリーもそうですが、シーズンになると手に入りにくいアイテムになると思われます。

 

まだ少し、本格シーズンには早いですが、どちらもマダイ以外にも

アマダイ狙いにもおすすめのアイテムです♪

アマラバ、甘鯛ジギングでも是非一度、お試しください♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索