横の突起が凄い!釣り専用の革命的ストレスフリー偏光グラス「AIR EPIC」を使ってみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

「AIR EPIC」という偏光グラスって知ってますか?

なんでも、ブラックバスやフライフィッシングをされている方には結構有名な偏光グラスだそうで、昨年の大阪フィッシングショーにも出展されていたそうです。

そう言えば、去年はフィッシングショーは横浜の方に行ったので、見れなかったのですが、国産メガネの96%は私の地元「福井県鯖江市」で作られていることもあり、ひょんなことから、その「AIR EPIC」を頂くことが出来ました。

今、GT遠征に来ているのですが、3日間使ってみた感想や、どこが凄いのかレビューしたいと思います。

超快適ストレスフリーの「ノーズパッドレスエアフライフレーム」って何?

 

この偏光グラスの最大の特徴は「こめかみの部分に突起」がついた独特なフレームです。

「ノーズパッドレスエアフライフレーム」というそうで、名前の通り「ノーズパット」がありません。

ノーズパットは、メガネの中央に必ず2つ付いている、鼻を抑えるパッドです。

ノーズパッドがないと、下にズレてしまいそうな気がしますが、

この、代わりに「こめかみ」あたりに付いている、パーツがメガネのズレを抑えてくれます。

丁度、今回のGT遠征の前に頂くことが出来ましたので、遠征中ずっと使ってみています。

使ってみた感想なのですが、ノーズパッドが無いことで、鼻のあたりを抑えるものがないので「ストレスフリー」なのかと思いきや、「メガネのズレを直す動作がほとんど無くなる」ことが、かなりストレスフリーに繋がりました。

従来のノーズパッドの偏光グラスは、鼻の上にノーズパットがのり位置を固定する仕組みの為、顔を上下に揺らすと、メガネはズレてしまいます。

キャスティングの後や魚がヒットした後など、大きな動作をすると、ちょっとズレたりすることがあるのですが、このちょっとズレたままのファイトやアクション時にかなりストレスを感じます。

その点、「AIR EPIC」は、こめかみで抑える為、顔を上下にふっても左右にふっても、全くと言っていいほどズレません。

「ズレを直す動作が無くなる」

のが、ここまでストレスフリーに繋がるとは。。。

横のパッドはシリコンのようなもので出来ている為、こめかみが痛いということはありません。

極端に曲げましたが、フレームは形状記憶合金?みたいなもので出来ていて、変形させることが出来ますので、調整することで自分にあったフレームにすることが出来ます。

似合うかどうかは別として。。。超快適に釣りが出来るので、いままで使っていた偏光グラスを使おうとは全く思いません♪

もう一つ凄いのが、ずっと日焼けしないようにマスクして釣りをしているのですが、レンズが全く曇りません。

なんでも「半永久的な曇り止め加工」がされてるそうで、曇り止めスプレーなどをかけなくても、ずっと曇り止め効果が続くそうです。

フレームやレンズのカラーは3種類ずつあるようです、価格やレンズの特徴なども掲載されていますので、気になった方はホームページをご覧ください♪

では、GT遠征後半も「AIR EPIC」つけて、頑張ってきます♪

AIR EPIC ホームページ
https://zpi.jp/products/air-epic/

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索