DAIWAの新型「20ルビアス」はオフショアでも使えるのか?セルテートやカルディアとの比較

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

lubisasu

おはようございます、しょうへいです。

2020年注目の新製品の中の一つに、DAIWAのスピニングリール「 20 ルビアス」が挙げられると思います。

軽さに特化したリールですが、オフショアでも使えるのでしょうか?

セルテートやカルディアとの違いは!?

気になる部分をまとめてみました。

SLJにもってこい!?軽くて強いルビアス

mq_im01

軽さに特化しているようなイメージが強いルビアスですが、同時にモノコックボディが採用されています。

モノコックボディは19セルテートや20ソルティガにも搭載されています。

DSC_0294[1]

こちらは19セルテートのときの内部構造ですが、モノコックボディの利点は強靭さとドライブギアの大型化にあります。

特にドライブギアはかなり大きくなりますので、小さく軽いボディでもとても巻き上げ力が強くなります。

19セルテートと比較すると、19セルテートはボディがアルミでしたが、20ルビアスはザイオンになっています。

これまでにLTコンセプトで発売されている、セルテート、カルディア、フリームス、そしてルビアスのスペックを比較してみます。

SLJ(スーパーライトジギング)でよく使われそうなLT4000番台で比較してみました。

  セルテート カルディア フリームス ルビアス
  LT4000-CXH LT4000-CXH LT4000S-CXH LT4000-CXH
自重(g) 235 225 245 215
最大ドラグ力(kg) 12 12 12 10
ベアリング(ボール / ローラー) 10 / 1 6 / 1 5 / 1 9 / 1
ボディ素材 アルミ(モノコック) ザイオン ザイオン(モノコック)
本格価格(¥) 49500 26700 19000 42400

こうして比べてみると、ルビアスが圧倒的に軽量です。

ただ、他のリールはドラグが最大12kですが、ルビアスは10㎏になっています。SLJで10kgもドラグをかけるようなこともほぼありませんし、その点は問題ないかと思います。

私はセルテート、カルディア、フリームスの3つすべてのリールでSLJで使ったことがあり、全てのリールで青物を掛けたことがありますが、比べてみてもスペック上20ルビアスはSLJで十分戦えるリールだと思います。

SLJでルビアスを使ったPVも公開されました。

やはり軽さはアドバンテージになりますね。軽いほど疲労も減りますし、感度も向上します。

また動画の中でも触れられていますが、スプールが軽いことでドラグの初速が向上することで切られにくくなるという利点もあるそうです。

ボディの剛性はモノコック構造で、巻き上げ力は大型のドライブギアで補われていますので、小~中型青物、大型真鯛やランカーシーバスとも対峙できそうですね♪

そのほか詳しい機能などはWebサイトで確認できます。

20ルビアス https://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2020ss/luvias/index.html

SLJで使うならカスタムノブはオススメ!

wp-1546855010469..jpg

LTコンセプトの3000~4000番くらいの番手にはT型ラージのハンドルノブがついています。

これはこれで良いのですが、もしSLJで狙うメインの魚が青物か大型真鯛となるとハンドルノブカスタムはオススメです。

私のメインエリアである福井県三国沖は、SLJでのメインターゲットが60cmぐらいの小型ヒラマサや、80cm前後の大型真鯛になります。

やはり大型のハンドルノブのほうが巻き上げるとき力が入りやすく楽ですし、50m以上とSLJにはちょっと深さがありますので、回収が結構楽になります。

SLPワークスの「アルミラウンドノブ」などが大型で使いやすいので、大型の魚狙いのSLJにはお薦めのアイテムです♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索