謎解明!最強のアシストライン「ザイロンX」や「ザイロンノット」の強度ってどのくらい?実験して算出してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

皆さんは、最強と言われている「ザイロン」のアシストラインって使ったことありますか?

ザイロンのラインといっても、中芯を抜いて使う中空タイプの「ザイロンノット」と、中芯がない「ザイロンX」の2種類があるのですが。。。

最強と言われているのに、どちらにも「強度が書いてない」んですよね。

強すぎて実験が難しいというのもあるとは思いますが、大体の強度は知りたいところ。。。

ということで、切ることのできそうな8号のザイロンラインで強度実験したり、YGKのカタログのデータなどから残りの太さの大体の強度を算出してみました。

あっているかは定かではありませんが、おそらくこのぐらいの強度で思っておけばいいんじゃないかな〜という数値が出ましたので、共有したいと思います。

まずはザイロンの強度をカタログの数値からだいたい予想してみる

ザイロンノットやザイロンXのパッケージには、強度の記載はありません。

ホームページにものっていませんが、YGK(よつあみ)社のカタログに、2種類(1号と30号)の参考値は載せられていました。

それがこちらなのですが、

出典:YGKカタログ2017 5ページ http://xbraidygk.co.jp/webcatalog/html5.html#page=5

小さくて見にくいかもしれませんが、ザイロン(マルチ)1号の直線強度を見てみると11.92kgfと記載があります、ナイロンの1号を見てみると1.86kgfとあります。

ナイロンの1号って大体4lbぐらいで、kgに変換すると1.81kgですので、大体記載どおりになります。

  • ザイロン(マルチ)1号=11.92kgf(約26lb)
  • ナイロンモノ(単体)1号=1.86kgf(約4lb)

ということになりますので、1号の場合、ザイロンはナイロンの約6.4倍の強度ということになります。

30号になると1号の30倍になるのか?というとそうではなく、PEライン(ダイニーマ)やザイロンなど組糸の場合、号数は直径ではなく、重量(デニール)が号数になります。

カタログに30号の8本編みのザイロンの標準直径0.91mm(180kgf)と記載されており、直径は1号の5倍程度、強度は15倍ぐらいですので、ただ単純に30倍に計算したり、ナイロンの6.4倍にしたりすればいいというわけではないようです。

ザイロンの結束強度は直線強度の3分の1!?

また、カタログには直線強度だけではなく、結束強度というものも記載されていました。

ザイロン(マルチ)1号の結束強度は、3.87kgfとあり、直線強度の11.92kgfと比較すると、約3分の1の強度になります。

同社のシーハンターもそうですが、結束強度が強いナイロンラインなどと違い、組み糸の「結束強度」は「直線強度」よりも大幅に弱くなります。

実際、シーハンターをイモムシノットなどで結束して強度を測ってみると、表示の約3分の1ぐらいの強度になりましたので、ザイロンの結束強度が直線強度の1/3というのは間違いないと思われます。

以上を踏まえて、ザイロンのおおよその直線強度と結束強度を算出してみた

カタログの内容や、他にも調べごとをした内容を踏まえて、ザイロンXの強度は大体このぐらいに思っておけばいいんじゃないかな〜という値を算出してみました。

ザイロンXの予想強度

号数 直線強度 結束強度
6号 100lb
(45kg)
33lb
(15kg)
8号 137lb
(62kg)
45lb
(20kg)
12号 175lb
(79kg)
58lb
(26kg)
15号 200lb
(90kg)
66lb
(30kg)
20号 250lb
(113kg)
83lb
(37kg)
25号 325lb
(147kg)
108lb
(49kg)
30号 375lb
(170kg)
125lb
(56kg)
40号 500lb
(226kg)
166lb
(75kg)
50号 625lb
(283kg)
208lb
(94kg)
70号 875lb
(396kg)
291lb
(132kg)
100号 1250lb
(566kg)
416lb
(188kg)

※掲載されている強度は独自の計算方法で算出されたもので、実際のものとは異なります。
※緑色は実際に計測したものです。

計算はややこしく、文章にすると読みたくもない感じになりますので割愛しますが、ザイロンノットの8号をイモムシノットで結んで強度を測ってみたところ、20kg前後で切れましたので、そこそこいい感じなんじゃないかな〜と思われます。

また、予想したザイロンX(8号)の直線強度が137lb(62kg)と結構細いのに強すぎな気もする数値になりましたが、最近8本編PEラインの8号でも近い強度のラインが発売されていますので、決して強すぎる数値ではないのでは?と思います。

ザイロンノット(中芯入り)の強度は?

中芯の入ったザイロンノットの8号も同じように測定すると、25kg前後で切れましたので、それを踏まえてザイロンノットの強度を算出してみますと

ザイロンノット(中芯あり)の予想強度

号数 直線強度 結束強度
8号 165lb
(74kg)
55lb
(24kg)
12号 210lb
(95kg)
70lb
(31kg)
15号 240lb
(108kg)
80lb
(36kg)
20号 300lb
(136kg)
100lb
(45kg)
25号 390lb
(176kg)
130lb
(58kg)
30号 450lb
(204kg)
150lb
(68kg)
40号 600lb
(272kg)
200lb
(90kg)
50号 750lb
(340kg)
250lb
(113kg)
70号 1050lb
(476kg)
350lb
(158kg)
100号 1500lb
(680kg)
500lb
(226kg)

※掲載されている強度は独自の計算方法で算出されたもので、実際のものとは異なります。
※緑色は実際に計測したものです。

PEのアシストラインも中芯が入った状態の参考強度が記載されていることが多いので、中芯を入れたまま測定しました。芯を抜いて使う場合、ニードルで折り返して2重にして使いますので、実際アシストフックにする場合はこの強度よりも強くなると思います。

100号で1500lb(680kg)って本当?そんなにある?と思うかもしれませんが、

出典:東洋紡 強いぞザイロン https://www.toyobo.co.jp/seihin/kc/pbo/zylon_strong.html

ザイロンの素材作られている東洋紡のホームページには、直径1.5mmで920kgとあります。実際70号のザイロンラインの直径を測ってみますと、1.6mmあり、1.5mmを超えておりますので、100号が1500lb(680kg)でたのはむしろ弱すぎかもしれません。

どの号数も釣りで使うには必要以上の強度がありますので、数値が正確でなくても、参考にこのぐらいに思っておけばいいんじゃないかな?と思います。

ザイロンXは約2倍の強度をもつ黒いシーハンター

ザイロンXはシーハンターのように、中芯がなく結びで使うことが多いです。

シーハンターと比べると大体同じ号数で2〜2.5倍ぐらいの強度になりますので、約2倍の強度を黒色バージョンシーハンターと思っておけばいいのかもしれません。
※8号のシーハンターの結束強度を実際測ってみたところ10kg前後、ザイロンXは20kg前後でした。

ザイロンノットはPEアシストラインの約2倍の強度をもつ中芯(中空タイプ)のアシストライン

一方、中芯を抜いて使う「ザイロンノット」ですが、同じように中芯を抜いて使うPE素材のアシストラインの表記と比べると大体2倍ぐらいの強度になります。

実際は1.75倍とか2.25倍など細かい数値になるかもしれませんが、ザイロンノットの予想強度がやや控えめということもありますし、ザッとPEアシストラインの2倍ぐらいと覚えておけばいいのでは?と思います。

ザイロンは非常に高価。。お求めやすい「ザイロンの切り売りサービス」を作ってみました

ザイロンは最強のスーパー繊維ということもあって、ザイロンで作られたザイロンXやザイロンノットは非常に高価です。

強度が強いのはもちろん、耐切創性に強くサワラやマグロなど歯の鋭い魚にもいいですし、

耐熱温度が650℃とチューブを熱収縮させる時にも安心ですので、個人的にもオススメのアシストラインなのですが。。。

お店に行くと「太さも見えない」「強度も書いてない」。。。だけど高価と、なかなか買いづらい商品です。

そこで!半分と1/4サイズの「切り売りサービス」と、複数パックの「セット特売」を始めてみました。

もともと1パッケージは5mなのですが、半分(2.5m)または、1/4(1.25m)でも購入が可能です。

ザイロンX30号の切り売りの場合は↑こんな感じ。定価は1800円ですが1/4の長さを1/4以下の420円で試すことが可能です。

もう大体使う号数が決まっている方は、購入数が増えるたびにお得になるセット特売がおすすめです。

また、実物サイズ機能で実際の太さもモニター上で確認できるようにしました。

今回計算した参考強度も掲載しましたし、お試し出来る「切り売り」やお得に購入できる「セット特売」で、なかなか買いづらかったザイロンのラインもお求めやすくなったのでは無いかと思います。

個人的には「切り売りでまずお試し」するのがおすすめだと思います♪

切り売りは、非常に面倒な作業ではありますが「物売りではなく便利なサービスを作る」のが好きなんです♪

ザイロンは高くて試せてない方、太さや強度が分からなくて買いづらかった。。という方にご利用頂けたら幸いです♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索