速巻きパターン時にリアフック付けるなら「リアバランスのメタルジグ」がオススメ説

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

先日、「速巻きパターンに向いているメタルジグの形状」について考えてみました。

その時に、皆様にアンケートを取ったのですが、今日はそのアンケートの結果のご報告と、速巻パータン時のリアフック(テールフック)について考えてみたいと思います。

速巻きパターン時のメタルジグの形状アンケートの結果

まずは、先日のアンケートの結果からご報告したいと思います。約600名の方にご回答頂きました。いつもありがとうございます♪

 

速巻きで使うメタルジグは、セミロング系を使う方が多いというのがわかったのですが、ロング系よりもショート系のほうが多く、長いメタルジグよりは短いメタルジグのほうを使われる方が多いということが分かりました。

幅は、スリムなメタルジグを使われる方が断然多いようですね。

横から見た形状は、左右非対称のものよりも、左右対称のものを選ばれる方が多いようです。イレギュラーなアクションよりも、一定したウォブリングアクションの方が良いとされる方が多いということなのでしょうか?引き抵抗も考慮されているのかもしれませんね。

ここまでの3つのアンケートで、「ショートからセミロング系の左右対称のスリムなメタルジグ」が速巻きパターンに向いているメタルジグと言ってもいいのかもしれません。

ただ、もう一つアンケートを取っていました。

それはバランスです。

バランスは、主にジャーク時のスライドやフォールの向きに影響してくるので、速巻きパターンは意見が分かれそうだな〜と思っていたのですが、ほぼ意見が別れました。

一番最初のアンケートだったにも関わらず、回答された方が587名と一番少なかったのも、「どれでもいいや〜」とか「わかんね〜」という方も多かったからではないでしょうか?

今日は、この部分をちょっと深掘りしてみたいと思います。

速巻きパターン時にリアフック付けるならリアバランスのメタルジグがオススメ説

皆さんは、メタルジグのテールにフック(リアフック)を付けますか?

リアフックを付けると、根掛かりしやすいし、エビ(リアフックがラインに絡む)になりやすいので、付けない方も多いと思います。

そこで、今日はこんな説を持ってまいりました♪

「速巻きパターン時にリアフック付けるならリアバランスのメタルジグがオススメ説」

です。

先日の速巻きパターンに関するメタルジグのアンケートで「リアバランス」を選ばれた方は28%と一番少なかったのですが、今回は逆説になりますw

速巻きパターン時って結構、後ろから追ってきて食うパターンになると思うのですが、結構速巻き時にコツコツ当たってきます。

ピタッっと止めると、ゴン!と食ってきたりするのですが、結構掛からなかったりすることもあります。

リアにフック付けると格段に釣果が上がるのですが、問題はエビになりやすく、深場でエビになった場合は引き重りが半端ありません。結構地獄です。

そこで、リアフックを付ける場合は、リアバランスのメタルジグを選択してみてはどうか?

と考えました。

理由の一つとして、リアバランスのメタルジグはセンターバランスやフロントバランスのメタルジグよりも、ウォブリングアクションしやすいからというのもあります。

そして、2つ目の理由として、リアバランスのメタルジグを選択することで、エビになる率(以下エビ率)をかなり減らせるからです。

エビとは、リアフックがラインに絡んでしまうことを指すのですが、フロントバランスのメタルジグを使うと、頭からフォールしていきますので、リアフックがラインと接触する率が格段に増え、エビ率が高まります。

また、センターバランスの場合も、フロントバランスより低いとは思いますが、ジャーク時に起こるエビ率はリアバランスよりも高めだと思います。

リアバランスのメタルジグは、当然お尻からフォールしていきますので、リアフックがラインに触れる可能性は殆どありません。

また、ちょっとジャークを入れたとしても、フロントバランスやセンターバランスよりもスライドするアクションは少ないので、この面でもエビ率は少ないと考えられます。

ラインスラッグを入れてジャークすれば流石に跳ねますが、それではエビになる可能性が高いので、速巻きパターン時はロッドを水面(下向き)に向けて、跳ねさせないよう軽いジャークをいれつつ速巻すれば、リアフックを付けたとしても、リアバランスメタルジグであれば、ほとんどエビになることは無いと思われます。

今までは、速巻パターン時にコツコツあたるけど、乗せきれない時はそのジグにリアフック付けていましたが、リアバランスのメタルジグに交換してエビ率を少なくするのもいいかもしれませんね。

もし速巻パターンに遭遇したら、一度試してみたいと思います。皆様もお試しください〜

リアバランスのメタルジグって結構少ないですが、ショアジギングのコーナーに行けば結構ありそうですよ。※キャスティングの場合、リアバランスのほうが飛行姿勢が安定したり飛距離が上がる為

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。