いよいよ発売! クレイジーオーシャン「フラッシュアシストEX」使いみちは?

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

クレイジーオーシャンのヒラ打ちアシストフック、フラッシュアシストに大きなサイズの「フラッシュアシストEX」が発売されます。

仕様や使いみちなど考えてみたいと思います。

フラッシュジギング用アシストフック「フラッシュアシスト」とは?

皆さん、ご存知だとは思いますが、クレイジーオーシャンから発売されているアシストフック「フラッシュアシスト」は、針のフラッシングでクワスをコンセプトに、平打ち針をアシストフックにしたアシストフックです。

サイズがS,Mに加えて、フラッシュアシストプラスがLとLLがあります。

基本は同社から発売されている、メタルジグ「オーシャンフラッシュ」やタングステンの「オーシャンフラッシュTG」で使えるようにサイズなどが調整されています。

オーシャンフラッシュは個人的に好きな「ベスト3」に入るメタルジグで、一番魚を釣っている。。。一番色々な魚種を釣っているメタルジグです。

クルクル回転しながらフラッシングするフォールで根魚、ヒラメ、真鯛、イサキ、アジ、カンパチ、ヒラマサ、ブリ、釣った魚種は数知れません。

凄く横に向けやすく、ハリのあるスローピッチジャーク用のベイトロッドで無くても、スピニングロッドでも簡単に横に向けれます。

この「オーシャンフラッシュ」にぴったりな「フラッシュアシスト」なのですが、問題がありました。

「フラッシュアシスト」はフックが小さすぎる

オーシャンフラッシュのサイズバリエーションは30g〜200gの7種類にくわえて、タングステンタイプの25gと40gがあるのですが、アジなどを狙う小さなサイズはTG25gや30g、がフラッシュアシストSサイズ、50gや75gがM、100gや130gがLかLL、160g以上がLLかと思いきや160gでLLサイズでもちょっと針が小さい。

160g、200gを使う時は、自作でアシストフックを作って使ってました。

また、ツインフックなので2本かかったり、リアフックも腹等他の部分に同時に掛ると結構強いのですが、平打ち針ですので強度自体が当然弱く、青物がかかった場合、掛かったフックが1本だと針が折れてしまうことがありました。

カンパチなど引きの強い青物を狙う時は、違うフックを付けて釣りをすることが多かったです。

待望の大型平打ち針アシストフック「フラッシュアシストEX」

今回、発売する「フラッシュアシストEX」は、フラッシュアシストプラスLLより更に大きな1/0と2/0の平打ち針を使用したアシストフックです。

なかなかの大きさですね〜

これなら、160gや200gに付けてもサイズが合いそうですし、強度もかなりアップしていそうです。

EXは長さが1cm/2cm/3cmと長さのバリエーションもありますので、ジグの長さに合わせて変えたり、他のメタルジグでフロントのみで使う場合などいろいろ使いみちが増えそうですね。

青物狙いは確実にEXがいいですね〜

9月発売予定の「オーシャンフラッシュ セミロングタイプ」にピッタリ!?

Screenshot 2017-08-24 at 06.44.50

発売は9月中旬とのことですが、同社から9月に発売が予定されている「オーシャンフラッシュ セミロング」に合わせての発売なのかもしれませんね。

セミロングタイプはオーシャンフラッシュに横スライドが加わったメタルジグのようですので、ヒラマサやブリなどの青物狙いにも凄く良さそうです。

セミロングタイプは3cmのフラッシュアシストEXがぴったりそうですね♪

発売が楽しみです♪

Amazon見てたら、オーシャンフラッシュ200gもオキアミカラーやリバーシブルカラーなど色々新色出ているみたいなので、今のうちに買い足しておきます♪

Amazonで「オーシャンフラッシュ」を検索

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。