CB ONE「クイックゼロワン」&「Xs」のコンパクトモデルの使い方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1531898056856..jpg

おはようございます、しょうへいです。

ここ最近、スーパーライトジギングがスゴイ!!というウワサをよく耳にします。

イサキなどこれまでジグでなかなか釣れなかった魚が狙えたり、ベイトが小さくで口を使わない青物を狙ったりと、ただ「ジグが小さいだけ」だけでなく、ジギングの攻略の幅に新たな可能性を感じます。

昨年になりますが、CB ONEのメタルジグ「クイックゼロワン」と「Xs」に、スパーライトジギングに対応するサイズが追加されました。

実際に購入して使ってみましたのでレビューを追記したいと思います。

さらに新サイズも登場するみたいですよ!?

この記事はXsのダウンサイジングモデルを実際に購入したため、2017年8月31日に公開したものにインプレッションを追加したリライト記事になります。

CB ONEの人気のメタルジグにダウンサイズモデル

lure_zero1qc_1212_01

スパーライトジギングはPE0.6号~PE0.8号、30g~60gくらいのジグを使い、イサキやアジ、ハタ類、マダイや青物などの魚を狙った新しいオフショアジギングとして、近年伊勢湾を中心に盛り上がりを見せています。

昨年、CB ONEのメタルジグ「クイックゼロワン」と「Xs」にスパーライトジギングに対応したサイズが追加されました。

「クイックゼロワン」には45gが、「Xs」は40gと50gが追加されました。

DSCF1050[1]

「クイックゼロワン」は左右非対称でイレギュラーなアクションが特徴のジグで、特にボトムに魚がべったり、みたいなときに良く効くルアーです。

重いものは400gまでウエイトがラインナップされているので、今回のダウンサイズモデルの登場で、ディープのカンパチからスーパーライトジギングまで幅広く使えるジグとなりました♪

私も90gと180gを所持していますが、ライトタックルから一般的なジギングタックルまで幅広く使えるジグです。

リーリングの速度変化や、アクション中に大きく竿をしゃくりあげてフォールさせたりする使い方ができます。

移動距離が少なく、一定の層をキープしやすいので、ボトムの魚に対してアプローチし易いジグです。

Facebookのページに使い方の動画もありますので、こちらも要チェックです→https://www.facebook.com/CBONE.jp/videos/1822688671315786/

lure_xs_1310_01

「Xs」はもともとがコンパクトなデザインのメタルジグです。

追加された40gと50gはそれぞれ、40gが66mm、50gが70mmと鉛のジグにしてはとても小さなジグになります。

そのフォルムの小ささから、フォールが早いので潮流がキツかったり2枚潮のときにも活躍してくれます。

小さなジグと細いラインで深いところを攻めるスーパーライトジギングでは嬉しい性能となっています。

クイックゼロワンの不規則なアクションとは違い、こちらはどちらかといえば動かない系のジグです。

フォールでは水平にフォールしつつ「動かない」動きをするので瀕死のベイトを演出することができます。

コウナゴパターンのときにも活躍してくれるジグですね♪

今後もスーパーライトジギング向けに様々なルアーが開発されてくると思います。楽しみです♪

Xsの50gインプレ 実際に購入して使ってみました!

wp-1531898056825..jpg

最近になって、私もスーパーライトジギングを始めてみましたので、さっそくXsを購入して使ってみました。

まずは重さの割にコンパクトなボディが魅力です。

wp-1531898056856..jpg

メタボなボディなので、シルエットだけで比べると30gのジグと同じくらいのコンパクトさなのです。

厚みと形が違いますのでその辺は使い分けになりますが、同じシルエットなのにウエイトが1ランク上のものが使えるということは、

多少風や潮があっても底がとりやすいというアドバンテージに繋がります。

ベイトが小さいからなるべく小さいジグが使いたいけど、風があって水深もあるから30gじゃ底がとれない・・・でもXSなら同じシルエットで少し重いジグが使えます!!

アクションも素直で引き抵抗も少なく、しゃくればお尻を跳ね上げてくれ、フォールは水平ノーアクション系で死んだベイトを演出できます。コロコロと転がりながらフラッシングしてくれますのでアピールも十分です。

36876735_1756807671065616_7025409767073906688_o[1]

何度か使いましたが、私はサゴシ、根魚、アジを、また同じ船で同じジグでマダイが釣れました。

シルエットがコンパクトなので何にでも効きますね!?

あまり激しくしゃくるというよりは、タダ巻きかスローテンポなショートジャークをしながら引いてくるのが良さそうでした。

その日にあったリトリーブスピードを見つけるのがいいようです♪

今月からさらにコンパクトな新ウエイトの30gと40gモデルも発売されるようです。

また、まだ試しては居ないのですが、クイックZERO1は45gと55gが追加されるようですので、そちらも手に入れ次第試してみたいと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索