PEラインに出来たエアノット(結び玉)を無理やり引っ張って解いたら強度は落ちる?

Pocket
LINEで送る

DSCF1424[1]

おはようございます、しょうへいです。

前回、PEラインに結び目ができていると強度が半分以下に落ちてしまうことが分かりました。

今回は、キャスティング時などにいつの間にか出来てしまう「エアノット」を、無理やり引っ張って解いたあとの強度を測定してみたいと思います。

まずは「エアノットを解いたら強度がどうなるか実験装置」のご説明

DSCF1412[1]

前回同様、まずは単純にPEラインの間にドラグチェッカーを挟み、締め込み具で切れるまで引っ張って、PEラインの強度を測ってみました。

PEラインは2号を用います。

このPEラインは結び目なしの状態で引っ張った結果、9.5kgで切れるということがわかったので、これを基準値の100%とします。

DSCF1425[1]

一つ結びのチチワを作って5kgの力で締め込みます。PEを締めこむのは意外と大変ですね。

DSCF1427[1]

そしてヒゲの部分を無理やり引っ張って元通りにしました。見た目はぜんぜん変わっていませんが、実際はどうなっているのでしょうか?

この状態で切れるまで引っ張って強度を測定しました。

エアノットを解いたPEラインの強度は!?

5回テストを行なった結果がこちらです。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 9.5 100%
2 9.5 100%
3 9.5 100%
4 9.5 100%
5 9.5 100%
平均 9.5 100%

ご覧の通り、強度の低下は見られませんでした。

どうやら「ラインのいじめかた」が足りなかったようです(笑)

DSCF1433[1]

それでは、ということでぐるぐるとラインをねじってからチチワを作ってみました。

(AmazonKindleが下敷きになっていますが、PEラインが細くて背景を黒にしないとピントが合わないのですw)

DSCF1434[1]

よりリアルなエアノットとなりました(笑)

しかし!これで解いてみても強度の低下は見られませんでした。

PEラインは解いたときに、見た目がきれいなら問題ない。ということになるかと思います。

少しは低下すると予測していたのですが意外です。

毛羽立つくらいPEにダメージが入っていると話は変わると思いますので、毛羽立つくらいのダメージを与える方法を考え付いたらまたやってみます!

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. おはようございます
    何時も楽しく拝見しています。

    ジギングの際ジグと接続する金物についてお聞きしたいのですが?

    ① プレスリング(アシストフック付き)とスプリットリング(ジグ) (シンプルにジグの動きも良い?)

    ② スイべル(アシストフック付き)とスプリットリング(ジグ)
    (ラインのねじれ防止?)

    ③ スイベルとスプリットリングとプレスリング(アシストフック付き)(ジグ)
    (ねじれ防止、アシストフックの交換が早い)

    今まで自分がやってきた 接続方法ですが

    皆さんはどうか 知りたいのですが、

    誠に恐れ入りますが

    暇な時にでもアンケート取ってもらえないでしようか?

    宜しくお願い致します。

  2. おはようございます

    ②ベアリング+スプリットリング (41%, 207 Votes)

    が多いかなと思っていましたが、意外でした。

    参考になりました。

    ありがとうございました。

  3. いつも楽しく読ませて貰ってます。
    ケバケバというか、お祭りになってフックがPEラインを貫通してしまい、フックをグリグリを引き抜いた時の強度なんて、調べてみたりしませんか?

  4. はじめまして。
    いつも楽しく読ませて貰ってます。
    皆さんがフックをどの程度の頻度で交換するのかしりたいです。
    リーダーも毎回新しくしているのでしょうか。
    フロロも水を吸収しやすいといわれますが、それによりリーダーを劣化させるのかわかりません。
    よろしければ、教えてください。

コメントは閉じられました