PEラインに出来たエアノット(結び玉)を無理やり引っ張って解いたら強度は落ちる?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCF1424[1]

おはようございます、しょうへいです。

前回、PEラインに結び目ができていると強度が半分以下に落ちてしまうことが分かりました。

今回は、キャスティング時などにいつの間にか出来てしまう「エアノット」を、無理やり引っ張って解いたあとの強度を測定してみたいと思います。

まずは「エアノットを解いたら強度がどうなるか実験装置」のご説明

DSCF1412[1]

前回同様、まずは単純にPEラインの間にドラグチェッカーを挟み、締め込み具で切れるまで引っ張って、PEラインの強度を測ってみました。

PEラインは2号を用います。

このPEラインは結び目なしの状態で引っ張った結果、9.5kgで切れるということがわかったので、これを基準値の100%とします。

DSCF1425[1]

一つ結びのチチワを作って5kgの力で締め込みます。PEを締めこむのは意外と大変ですね。

DSCF1427[1]

そしてヒゲの部分を無理やり引っ張って元通りにしました。見た目はぜんぜん変わっていませんが、実際はどうなっているのでしょうか?

この状態で切れるまで引っ張って強度を測定しました。

エアノットを解いたPEラインの強度は!?

5回テストを行なった結果がこちらです。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 9.5 100%
2 9.5 100%
3 9.5 100%
4 9.5 100%
5 9.5 100%
平均 9.5 100%

ご覧の通り、強度の低下は見られませんでした。

どうやら「ラインのいじめかた」が足りなかったようです(笑)

DSCF1433[1]

それでは、ということでぐるぐるとラインをねじってからチチワを作ってみました。

(AmazonKindleが下敷きになっていますが、PEラインが細くて背景を黒にしないとピントが合わないのですw)

DSCF1434[1]

よりリアルなエアノットとなりました(笑)

しかし!これで解いてみても強度の低下は見られませんでした。

PEラインは解いたときに、見た目がきれいなら問題ない。ということになるかと思います。

少しは低下すると予測していたのですが意外です。

毛羽立つくらいPEにダメージが入っていると話は変わると思いますので、毛羽立つくらいのダメージを与える方法を考え付いたらまたやってみます!

 

ジギング魂オリジナル フック用「防錆袋」
↓↓好評発売中です↓↓紹介記事はこちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索