簡単に結べて強度も強い!?「誠哉ノット」の結束強度テストをやってみた!

Pocket
LINEで送る

wp-1515927671678..jpg

おはようございます、しょうへいです。

「誠哉ノット」を普段使っている方から、強度が知りたいとのリクエストを頂きました。

そういえばまだやったことのないノットです。

誠哉ノットは、滑りやすいPEラインのために考案されたノットのようです。 早速、強度テストを行ってみました!

誠哉ノットの結び方!!

まずは「誠哉ノット」の結び方から見て見ましょう。

無題

(引用元:シーガー http://www.seaguar.ne.jp/knot/lines/line_1.html

初めて結んでみるノットですが、どうやら道具も締め込みも必要の無いノットのようです。

サージェンスノットと電車結びを合わせたようなノットで、かなり簡単に結べますね。

強度はどうでしょうか!?気になります。

wp-1515927671635..jpg

結び目はけっこう小さいですね。

リーダーに結び目を入れるのでコブにはなりますが、ガイド抜けはそこそこ良さそうです♪ まずは図を見ながら結んでみて、試しにドラグチェッカーで引っ張ってみました。

ラインはPEを2号、リーダーが8号です。

wp-1515927671760..jpg

1発目。。。5kgくらいで切れてしましました。。。

すっぽ抜けではないものの、すこし不安になる強度。

しかし流石に天下のシーガーがおすすめするノットでこの強度ということは、私の結び方が悪いのかもしれません。

というわけで今度は動画をちゃんと見てから結んでみます。

すぐに原因がわかりました。 図で言うとSTEP4のやり方が悪かったようです。

notto

このとき、端糸を掴んでリーダー側へゆっくりと締めなければならないようですが、私はここを雑に行っていました。

原因がわかったところで、改めて実験をやりなおします。

誠哉ノットの真の強度とは!?

PEラインの巻きつけを10回にして、3回テストしてみました。

回数 切れた負荷(Kg)
1 7.5
2 7.25
3 7.5
平均 7.4

おおっ!?効果はてきめんですね。なかなか強いです。

wp-1515927671660..jpg

同じラインで行ったFGノットが8kg前後の耐力でしたので、それに迫る強度です。

煩雑な締め込みの作業がいらないので、船の上での結び直しなどには良さそうですね♪

wp-1515927671722..jpg

切れるときはすっぽ抜けではなく、必ずリーダーと絡めた部分から切れるようです。

すっぽ抜けしないというのも良いところです。

wp-1515927671701..jpg

ちなみにですが、最後にリーダーで作ったサージェンスノットをちゃんと締め込まないとすっぽ抜けるようです。

この点を忘れないように注意が必要です。

wp-1515927671604..jpg

PEラインの巻きつけを増やすと強度が増すらしいので、20回巻きも試してみました。

こちらも7.5kg前後の耐力がありました。

FGノット並みの8kgを記録した回もありましたが、ノットを締め込むときに団子になってしまいやすく、それ以上の回数はうまく結べませんでした。

切れる箇所は同じくリーダーでサージェンスノットを行った部分なので、強度的にはこのくらいが限界かな?という気もします。

ヒラマサキャスティングなどの太いリーダーの場合は向いていないかもしれませんが、結構結ぶのが簡単ですし、FGノットなみの強度が出ますので、タイラバやライトジギングなどの細いリーダーと結ぶ場合は、おすすめのノットです。

リクエストありがとうございます。これからも情報提供お待ちしております♪

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動