シラスパターンはジグではなくフックで攻略せよ!Marufuji-マルフジ「シラスファイバ」

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

先日、シラスパターンの時にスーパーライトジギングのフックにフラッシャーを後付けできる「後付けベイト」という商品をご紹介しました。

超便利!アシストフックに簡単にフラッシャーを取り付けできる「後付ベイト」

「後付けベイト」は、釣行時に緊急時につけたり、フラッシャーを結ぶのが苦手な方が使うぶんにはいい商品なのですが、最初から「後付けベイト」を使ってフラッシャー付きのアシストフックを作ってしまうと結構コストが掛ってしまいます。
※250円前後で5フック分ですので、1本あたり約50円。ツインフック作ったら100円になります。

同社(マルフジ)から発売されている「シラスファイバ」という商品を使って最初から作っておけば、1本あたり6円ぐらいで作れちゃいます。

心配なのは不器用な私でも使いこなせるかということ。

ということで、今回は不器用な自分でも「シラスファイバ」を使いこなして、フラッシャー付きのアシストフックが作れるか試してみました。

シラスパターンはジグではなくフックで攻略せよ!Marufuji「シラスファイバ」

ジギングをしていると年に何回かはシラスパターンなどマイクロベイトパターンに悩まされることがあります。

できるだけ小さいジグを付けるのですが、小さくするのは限界がありますし、小さくしても飛ばなかったり、沈めきれなかったりします。

マイクロベイトパターンの時は、ジグのシルエット変えるよりも、フック自体をルアーだと思って変える方が、釣果に繋がって結構楽しめそうです。

今回は、Marufiji-マルフジから発売されている「シラスファイバ」を使って、コストを抑えたスーパーライトジギング用のアシストフック作ってみたいと思います。

「シラスファイバ」は、このように細い繊維状の沢山の「ファイバ」があらかじめひとまとめになってスプールに巻かれている商品です。

ハリスのように1本が繋がって巻かれていると、結構束にするのが大変ですが、この商品ならあらかじめ束になっているので、掴むだけで20本?ぐらいの束がすぐに作れてしまいます。

フックは、極太のケイムラの平打ち針を発見しましたので、こちらを使ってみたいと思います。

まずは、シラスファイバとフックを重ねて、一緒につまみます。

そこに、結ぶアシストラインをいつもと同じように重ねます。

先にファイバを切断してしまうと結構大変ですが、このようにスプールに繋がったまま結ぶと、いつものようにフックにラインを結ぶ場合と同じ感覚で巻けてしまいます。

私は結構不器用なほうで、フラッシャーを結ぶの初めてですが、失敗なく結べました。針さえ結べる方なら問題なさそうです。

私は外掛け結びしかできませんので、最後にラインを輪っかに通して結びます。

難易度を表すと、フック結びが5段階中3点だったら、3.5点といった感じでさほど難易度は変わりません。

結び終わったら、ファイバをハサミで切断します。

切断してから結ぶと、結びやすいように多めに使ってしまいそうですが、繋がったまま結べば、やりやすいですし、無駄なく使えて経済的ですので、間違いなくスプールに繋がったままフックに結ぶのがオススメです。

PEラインの端糸もカットして

こんな感じで、出来上がり!

 

初めて作りましたが、なんなく結べました。

ここまで2、3分ほど。

今回1本あたりに使ったファイバは3,4cmほどですので、多めにみて5cmだと計算すると、シラスファイバーは2mありますので40本分は作れそうです。

シラスファイバの価格は220円前後ですので、一本あたり約6円♪

PEラインはキャスティングで使っていたPE8号の使い古しですし、ケイムラ平打ち針は250円で8本入っていましたので、一本あたり約30円。

スーパーライトジギングのツインフックが、フラッシャー付きで1セット80円ぐらいで作れちゃいますので、春の本格シーズン前に作り溜めしておきたいですね♪ 

ちなみにフックのサイズは平打ちばりの10号から13号がオススメです。

今回は12号を使っていてTGベイトの60gでちょうどいい感じですので、40gとかなら11号や10号がいいかもしれません。

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動