スピニングリールのハンドルノブの交換方法 Avail社のカスタムハンドルに変えてみた!

Pocket
LINEで送る

wp-1526027069234..jpg

おはようございます、しょうへいです。

最近はスーパーライトジギングだったり、スピニングタイラバだっり、オフショアでもシマノ4000番やダイワ2500番などの小型のリールを使うことがあります。

ただ、リールは小型でも水深は同じなので、小さいハンドルノブでクルクルと回し続けるのはちょっと疲れます。

ということで、今回はスピニングリールのハンドルノブをカスタマイズしてみましたので、レポートしてみたいと思います。

やってみると結構簡単!スピニングリールのハンドルノブの交換方法

wp-1526027069309..jpg

用意する工具は、精密ドライバーのみです。

リールはシマノのツインパワー4000PGです。主にキャスティングタイラバに使おうと思っています。

今回用意したハンドルノブは、Avail(アベイル)社のオリジナルノブ、EVA A-Typeです。

元から付いてるT型のハンドルノブも、指を引っ掛けて回せるので好きなのですが、どちらかというとグっと握れるEVA素材の柔らかめのノブが好みですので交換することにしました。

wp-1526027069609..jpg

まずは元のリールのハンドルノブを外しました。

シマノ4000番の場合は、まずサイドプレートを外すようです。ビス2本で止まっていました。

wp-1526027069552..jpg

サイドプレートを外すと、少し大きなビスが付いていました。

このビス外せばノブごと外れます。 ノブの中にはベアリングが入っていました。

wp-1526027069269..jpg

ハンドルノブを外した状態の写真です。 シャフトについているものは根元のベアリングです。

ツインパワーはノブ部分に2つのベアリングが使われているようです。

wp-1526027069475..jpg

あとは新しいノブをスポっと取り付けます。簡単ですね。

このとき、この新しいノブを取り付けるのに、元のノブについていた大き目のネジを再利用します。

また、このノブはベアリングが内臓されておらず、別売りとなっていますが、元のノブに内臓されていたほうのベアリングと径が同じなようですので再利用することにしました。

また、一度仮で組み立ててみたとき、ガタつきがないかチェックします。 ガタつくようなら、付属のワッシャーで調節してガタつきがないようにするようです。

wp-1526027069590..jpg

ハンドルノブはキャップは好きなカラーを選べるように別売りになっていました。

51x+GcDPZQL._SX425_

価格は500円で、好みのカラーが選べるのが嬉しいですね♪

wp-1526027069499..jpg

キャップはネジ式ですのでクルクル回せば交換完了です。

無事EVAのハンドルノブになりました♪

無題

Avail社のハンドルノブには、いろいろな形や材質のものがあるようです。

一般的には硬い素材のほうが感度がよく、柔らかい素材のほうが握り易いといわれています。

 

木製のハンドルノブや、ベイトリールのハンドルノブなどAvail社にはいろいろなリールのカスタムパーツがありますので、リールの見た目を変えたい方や大きさや形状を変えたい方は一度覗いてみてください♪

Avail(アベイル) http://www.avail.jp

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動