パロマーノットの進化系!? パロマーエイトノットの結び方と強度テスト

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1546494184632..jpg

おはようございます、しょうへいです。

今年もどんどん、ノットなどのテストは行っていこうと思います!!

「パロマーエイトノット」という、「パロマーノット」に改変を加えたノットがあると教えてもらいました。

すっぽ抜けに強く比較的簡単とされているパロマーノット。改変を加えることで強度は上がるのでしょうか!?

試してみました。

パロマーノットにひねりを加えて・・・?パロマーエイトノット

DSCF0993[1]

パロマーノットは、折り返したラインをサルカンに入れ、方結びでできた輪にサルカンを通すという結び方です。

サルカン結びの結束強度⑦ 最強とウワサの「パロマーノット」はミスにご用心!?

このパロマーノットの方結びを八の字結びに改良したものが、パロマーエイトノットです。

wp-1546494184682..jpg

このように、折り返してダブルにしたラインをサルカンに通してから、8字の字結びを作ってから締め込みます。

無題

あまり上手に図にできませんが、コンナ感じでしょうか!?

調べてみると、締めこむ部分が増えるのでガッチリ決まるという説と、ねじれが増えるので逆に弱くなるという説の2つの説を見かけました。

wp-1546494184731..jpg

結んでみたところ、確かにノットのコブが大きくなります。

締めこむときに感じましたが、確かにズレたりすることはなさそうです。

フロロカーボン8号30lb、13.6kgで切れるラインで結びました。

このノットのラインをドラグチェッカーに挟み、切れるまで引っ張って何kgで切れるか実験してみました。

パロマーエイトノットの強さは!?

5回試してみました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 9.75 72%
2 10 74%
3 10 74%
4 9.5 70%
5 9.75 72%
平均 9.8 72%

もともとのパロマーノットは90%くらいの強度でしたので、耐力が落ちてしまっています。

いろいろ原因を考えてみますが、やはり捻れる箇所が増えるのが原因なのでしょうか?

wp-1546494184749..jpg

切れ方は8の字に結んだところで切れることが多くありました、すっぽ抜けはありません。

wp-1546494184699..jpg

また、8号のラインですとかなり締めこむのが難しく感じました。

このようにループが上手く閉まらないままノットが固まってしまうことがよくあります。

ちなみにですが、この状態ですと4kg程度の力しか発揮してくれません。

DSCF0997[1]

以前の検証のときの結果ですが、パロマーノットの強度は2本に折り返したラインを1本のラインのように扱うことでした。

金属パーツ上でラインが交差していたり、ノットの途中でラインが交差していたりすると強度が落ちてしまう、ということがありました。

パロマーエイトノットは結ぶのが難しくなる分、ねじれや交差が増えるような気がしました。

とはいえ、70%はありますし、すっぽ抜けは1度も起こさないノットではありました。

wp-1546494184768..jpg

フロロカーボンが4号になるととたんに結び易くなります。

輪を絞る工程で失敗することもなく、用意に結べます。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 5.5 76%
2 5.75 80%
3 5.75 80%
4 6 83%
5 5.75 80%
平均 5.75 80%

強度も80%まで向上しました。

複雑なノットを太いラインで結ぶのはやっぱり難しいのかもしれませんね・・・・・・。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索