釣りで使えた?あの「透明の偏光レンズ」を約1年間使ってみた使用レビュー

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

昨年の5月頃に発売され、ご紹介しました透明の偏光グラス「グレアレス」ですが、約1年間釣り(オフショア)で使ってみました。

オフショアで釣りをする時はだいたい付けて釣りをしていたのですが、購入して良かったこと、悪かったことをご紹介したいと思います。

実は透明では偏光レンズは作れない!? 透明偏光グラス「グレアレス」のおさらい

透明の偏光グラスとお伝えしましたが、実は完全な透明では、偏光グラスを作ることは出来ないそうです。

偏光グラスは、サングラスのように黒や茶色の色が付いたものが多いですが、あの色がブラインドのような効果で光を屈折遮断してくれているので、無色透明だと「透明のブラインド」と同じように、光を遮断屈折させることは出来ないそうです。

色を薄くすれば「偏光率」が下がっていきますが、偏光機能はちゃんとあるそうです。

色の濃さと偏光率の高さは比例するそうですが、最近「薄い色でも偏光率を高める技術」が出来てきたそうで、グレアレスも、若干ですが薄い色(ライトグレー・ライトブラウン)が付いている、偏光率を高めたソフトカラー機能偏光レンズです。

約1年間使ってみて良かったこと悪かったこと

「グレアレス」はあくまでも、偏光レンズですので、好きなフレームに入れて偏光グラスを作ってもらうことが出来ます。

グレアレスが発売したのが昨年の5月末で、発売してすぐ作ってもらいましたので、約1年近くオフショアの釣りで使ってきました。

1年間使ってみて、購入して良かったこと、悪かったことをご紹介したいと思います。

まずは、悪かったことから行きましょう。

2点あるのですが、1点目は

「サングラスの効果はほぼない」

これは、あたりまえですが、偏光グラスであってサングラスではないので、色が殆どついていないソフトカラーレンズではサングラスのような周りを暗くする効果はまったくありません。

よって車の運転中に太陽が眩しくてサングラスを使うような時に使っても全く効果がありません。

ただ、釣りで使う時に水面のギラツキを抑える偏光効果は確かにあります。

「偏光効果が期待していたよりも弱かった」

悪かった2点目は、この偏光効果が期待していたよりも弱かったこと。

こちらも当たり前なのですが「薄い色で偏光度を上げる技術」が出来たと言っても、色の濃い偏光サングラスには偏光機能は負けます。

磯釣りなど、海の中までくっきりと見たい「高い偏光機能」が必要な方は、グレアレス(ソフトカラーレンズ)は向いていないと思います。

では、購入してどこが良かったのか?次は良かった点をいってみます。

「朝マズメ・夕まずめ最高」

もともと、透明な偏光グラスを探していた理由が、偏光サングラスの視界の暗さ(悪さ)です。

朝夕はトップゲームをやることが多いのですが、この時サングラスでは暗すぎるんです。ただ、太陽が低いため、水面のギラツキは多い。

こんな朝マズメや夕マズメに、色の薄い偏光グラスは視界が暗くなることがありませんので、かなりおすすめです。

「水面のギラツキを抑える効果はあり、ルアーや追ってきた魚は見える」

朝マズメや夕マズメは水面のギラツキが多く、通常では投げたルアーがどこにあるのか分からなくなったり、追ってきた魚のモワッとしたチェイスが見えなかったりします。

グレアレス(ソフトカラーレンズ)の偏光率は確かに偏光サングラスほどではありませんでしたが、水面のギラツキを抑えて、動かしているルアーやチェイスしてきた魚は見えます。

日中はそれほどギラツキはありませんし、オフショアの釣りでは磯釣りのようにそこまで深くまで見たいということがありませんので、全然偏光率が低くても十分でした。

むしろ、朝マズメ、夕マズメの薄暗いうちは、暗くならない分、ルアーやチェイスは見えやすいかもしれません。

「夜も使えて、車や仕事で普段使い出来る」

色が薄いことで一番良かったことは、普段使いです。

目が悪くなってきたので、度を入れてもらったのですが、暗くならないので、夜に車の運転をしている時になどかけても大丈夫ですし、信号やネオン等がもわ〜っと見えるギラツキが抑えられ、くっきり見えるのが嬉しいです。

また、仕事中に掛けていてもサングラスではないのでヤンキーに見えませんw

普段使いの度入りのメガネと、釣り用に度入りの偏光グラスを2つ作る必要がないのが最大のメリットです。

逆に、度入りの色の濃い偏光サングラスと2つ作っておけば、普段使いから、眩しい太陽、朝マズメ、夕マズメの釣り、夜と使い分けて、全てのシーンに対応できます。

グレアレスには、透明に近いソフトカラー偏光機能レンズ(カラー濃度:25% 偏光率:35%)の他にも、ダークカラー偏光機能レンズ(カラー濃度:80% 偏光率:99%)もありますので、使い分けとして2本作っておくとベストかもしれません。

どちらも全国のパリミキ・メガネの三城で作ってもらうことが出来ますので、気になるかたは↓を御覧ください♪

全国のお店の場所や商品詳細はこちら
https://www.paris-miki.co.jp/products/lens/type/glareless/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索