ん?混ぜたらどうなる?2種類のシーハンターの「混合四つ編みアシストフック」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

今度、石垣島にジギングに行くので、アシストフックを自作していたのですが、イソンボ(イソマグロ)やサメ、沖サワラなど、歯の鋭い魚が多い為、四つ編みのアシストフックを作ることにしました。

先日、しなやかなブルーのシーハンターと、硬めのレッドのシーハンターの耐摩耗実験をした為、2種類のシーハンターが手元にあったので、とりあえず2種類作ってみたのですが。。。

2種類作り終えた時に。。。

ん?混ぜたらどうなる??

ということで、やってみました(笑)

2本のアシストラインを編み込んで作る「四つ編みアシストフック」

「四つ編みアシストフック」は、アシストラインを2本同じ長さでカット、折り返して4本にして交互に編み込んで作る強度や耐摩耗性、耐切性を向上したアシストフックです。

主に、アシストラインのシーハンターを使って作るのですが、シーハンターにはカラーが2種類あって、レッドは硬めで張りがあり、マリンブルーはしなやかといった特性があります。

ブルーのアシストラインは、スローピッチ用のアシストフックを作る時によく使っていますが、四つ編みアシストフックを作るのは初めてです。

しなやかな四つ編みアシストフックになるんやろか?

と作ってみたところ

レッドのシーハンターで作ったものに比べたら、結構しなやかです。

ちなみにレッドで作ったものはこちら。結構張りがあって硬めです。

ん?2種類混ぜてみたらどうなるんやろ?

硬さが丁度、間になる??

そもそも、硬さの異なるライン、上手に編み込めるんやろか?

なんでもやってみたくなるのが、人の性。。。ジギング魂の性です(笑)

ということで、ブルーとレッドのシーハンターを同じ長さにカットし、編み込んでみました。

あらっ?結構編みやすい!?

2色使うとこんな感じになるのね。

締め込みにくいのかと思ってましたが、硬いレッドより締め込みやすく、しなやかなブルーよりやや締め込みにくい。ちょうど中間な感じ。

むしろ程よい感じかも。

結構、綺麗に編み込めます。

編み込みが終わったら、フックに外掛け結びで結びます。

締め込みツール」があると、小さなリングに引っ掛けることが出来て結構便利です。

セキ糸での根づけは後でするとして、とりあえず完成です。

硬さはというと

おおぉ〜、レッドとブルーの中間的な感じに。

わかりにくいので、3本同時に掴んでみると

垂れ下がり感がちょうど中間に。

目で見るよりも、実際に触ってみた方が違いは大きく感じますが、レッドとブルーはかなり違いますし、2色混合は絶妙にその中間といった硬さになります。

あたりまえか(笑)

ただ、遠目に3本のラインを比べてみると、シルエットが2つに比べて細く見える気が。。。

魚からはどう見えるかはわかりませんが。。。

硬さを調整できるようになり、3種類使い分けれるようになったのはちょっと嬉しいですね。

ミサンガみたいで、なかなか綺麗やし。

これ付けてたら、乗合船で人の目は引くかもw

硬さも中間が結構好みです♪

四つ編みはなかなか覚えるのが難しいですが、「四つ編み簡単アシスター」があれば、簡単に編み込めるようになります。

いずれにしても、リング引っ掛ける治具を作る必要はありますし、途中で止めておけるのも便利。

本日と明日、「四つ編み簡単アシスター」あるいは「締め込みツール」を購入された方に、ジギング魂のステッカーかシールプレゼントしたいと思います。

四つ編みアシストフックを自作してみたい方は、ぜひご利用ください♪

「四つ編みアシスター」はこちら

締め込みツールはこちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索