どう使う?ジャッカルから真鯛にピッタリの「ビンビンメタルTG タイプスロー」登場!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

MG_9550-800x533

おはようございます、しょうへいです。

ジャッカルの「ビンビンメタルTG」といえば、真鯛ジギングの定番ジグとなっているのではないでしょうか⁉

私の地元、福井県でもかなりの数の真鯛が「ビンビンメタルTG」で釣られています。

今年、「ビンビンメタルTG」にタイプスローというモデルが追加されます。

フィッシングショーでチラ見はできたのですが、詳しい情報がわかってきたのでご紹介いたします。

スローリトリーブでも誘える⁉「ビンビンメタルTGタイプスロー」

e3ea9656ecaa0502b61ef216c9d9d93f-800x533

ビンビンメタルTGは特に真鯛が得意がジグです。

5月ごろに真鯛は乗っ込みと呼ばれる産卵期を迎えます、産卵を済ませた真鯛は体力を回復させようと食欲が旺盛になるといわれています。

ちょうどそのタイミングで、イワシや小鯵などのベイトが回ってくると、ジグで真鯛が釣れやすい状況になります。

ベイトが小さいので、コンパクトなタングステンのジグが有利と言われています。

また産卵後で体力が落ちている真鯛なので、ジグはスライドさせるよりもただ巻き&フォールが中心になってくるともいわれています。

タングステンジグはシルエットも小さく、沈下が早いので底取りも容易で、潮がキツくても使いやすいのですが、どうしてもフォールも早くなってしまいます。

ストンと落ちてしまっても問題ない日もありますが、やたらフォールにアタリが集中するような日もあるように感じます。

リトリーブ速度に関しても、早く巻いてしまうと遊泳力の落ちた真鯛がジグを追いきれず、デッドスローでの誘いのほうが有効になる日もあるとされています。

binmt_hikaku-800x533

そこで、登場したのが「ビンビンメタルTG タイプスロー」です。

オリジナルモデルに比べ、重心が前よりになり、少し幅広になりました。

フォール中のアクションと、スローリトリーブのアクションを重視した設計です。

MG_9550-800x533

ボディ側面にティンプルも追加されています。オリジナルモデルはここがつるっとしていますが、くぼみがついています。

スローリトリーブでもアクションしてくれるのはこのくぼみのおかげでしょうか⁉

スローリトリーブでも水をつかんでくれるということは、操作感が良いのでジグを通して水中の潮の流れなどをつかむ手助けにもなってくれるそうです。

水中動画も公開されていますが、ただ巻きでキラキラとフラッシングしながら泳いでくれます。

ただ巻きの中にフラッシングを加える、ハーフピッチジャークが苦手な方も、このジグなら簡単にフラッシングさせることが出来そうです。

また、フォール中もひらひらと舞うようにフォールしてくれています。

ただ巻きが基本の真鯛ジギングですが、リフト&フォールでも効果を発揮してくれそうです。

サイズですが、20、30、40、60、80gの5つのウエイトが発売されており、スーパーライトジギングからライトジギングに対応しています。

カラーは8色展開です。

BK_GL_IKA-800x533

クロキンイカグローなどの変わったカラーもあるので発売が楽しみです♪

タイプスローの詳しい解説はこちらの動画で

https://www.youtube.com/embed/wXYMV6n8-uI

JACKALL ビンビンメタルTG タイプスロー
https://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/tairaba-taikabura/binbin-metal-tg-type-slow/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索