オフショアでも使える!? ワンタッチで簡単ブレードチューン!ZAPPU「カチッとブレード」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-15642210212324

おはようございます、しょうへいです。

シーバスや真鯛、ハタ系などの魚はブレードチューンが有効といわれています。

どうやらキラキラしたものが大好きなようで、実際にブレードチューンでシーバスをゲットしたこともありますし、釣仲間もよく釣っています。

釣具屋さんでジギングコーナーではなく、ショアロックコーナーをぶらぶらしていたときに見つけたアイテムが、簡単にブレードチューンができそうなので、ちょっと買って試してみました。

カチっとつけるだけ!?ZAPPU「カチッとブレード」

wp-15642210212324

こちらがZAPPU「カチッとブレード」です。

その名の通り、カチっとつけるだけでブレードチューンができるスグレモノです。

薄いティンプル入りのブレードにベアリングがついていて、その先がフックのようなピンになっています。

このピンをひっかけるだけでブレードチューンが可能です。

2wp-1564221012377

リアフックのソリッドリングに接続してみました。

トレブルフックにブレードがついているものはありましたが、

アシストフックとブレードを同時につけるには、いろいろ作ったり工夫が必要でした。

こちらはカチッっとつけるだけで同時にブレードとアシストフックを接続できます。

wp2-1564221012359

もちろんトレブルフックにも接続できます。

最近、SLJなどではジグが小さいのでアシストフックが付けにくいのでリアにトレブルのみ、というセッティングをすることが多い私ですが、これならブレードを付けたり外したりできるので便利そうです♪

2

プラグにも接続できます。

巻物系のルアーに良さそうです、どんな動きになるのかこれから試してみようと思います。

wp-21564221012365

カチっとつけるだけで接続できるのは良いところですが、

リングの径が太いとピンの引っ掛ける部分が広がってしまいます。

何度も付け外しして広がった状態で魚をかけるとブレードが外れてしまうか不安です。

固定しようと思いいろいろやってみましたが答えは簡単でした♪

熱収縮チューブを短く切ってあらかじめ被せておきます。

wp-1564221012368.jpg

ブレードを接続したあと、熱収縮チューブを良い感じのところでとめてライターで炙ればヌケ防止になります♪

焼きコブを釣るためにライターもいつもタックルボックスにいれていますのでこれで十分そうです。

ブレードも小さいパッケージに入った薄いものですし、熱収縮チューブも短くてすみます。

今日はブレードが効く日なの!?といったときや、アピール力を増したい、状況を変えたいというときに簡単にブレードチューンできるのは良いですね♪

2枚入りで400円ほどが実売のようです。

カラーもシルバー、ゴールド、ガンメタと3種類あります。3種類のアソートもあるようですのでお試しにはよさそうです。

もともとはショアからのロックフィッシュやバス釣りで使われているアイテムのようですが、オフショアの釣りでも使えそうですね♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索