トレブルフックをシングルじゃなく「ツインフックシステム」にする6つのメリットまとめ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1594462757512.jpg

おはようございます、しょうへいです。

私の住んでいる福井県では、そろそろ夏のトップウォーターシーズンが始まります。

準備をしているのですが、去年から気になっているがまかつの「ツインフックシステム」を導入してみました。

トレブルでもない、シングルフックでもない、ツインフックシステムのメリットとはいったい何でしょうか!?

まとめてみました♪

2本針のプラグ用フックはバラしが少ない!?

wp-1594462757533.jpg

私の住む福井県では、夏にオフショアからシーバスや小型のヒラマサを狙ったトップウォーターゲームを楽しむことが出来ます。

ヒラマサのトップウォーターといえば大型プラグが連想されるかもしれませんが、ベイトが小アジやカタクチイワシ等の小魚のため、プラグを小さくしなければ食ってくれないことが多くあります。

だいたい10cm前後の小さなプラグを使うのですが、プラグが小さくなるとフックも小さくなるのが悩みでした。

ちゃんと口に掛かってくれればいいのですが、トレブルフックではそうもいかず、フックを折られてしまうことも何度も経験しています。

なんとかならないかな~と思っていたところで注目していたのが、がまかつのツインフックシステムです。

wp-1594462757503.jpg

こちらががまつの「ツインRB-M」の1/0サイズです。

ツインフックシステムとはその名の通り、2本針のフックシステムです。

ツインフックシステムの最初のメリットして、トレブルフックよりフックが一本少ない分、フックサイズを上げることができます。

フックサイズを1から2番手くらい上げることができます。

wp-1594462757530.jpg

そして、メリット②として刺さりやすさがあります。

シングルフックが2つリングで連結したような形をしていますので、フッキングパワーが集中しやすく刺さりやすいということになります。

また、トレブルフックに比べて意図しないところに掛かるファウルフッキング(スレ掛かり)の率も下がります。

スレが少ないということは、魚に余計なダメージを与えることが少なくなるというのが、メリットの3つ目になります。

トレブルフックは、どうしても針先のうち1本は魚と逆を向いていることになります。

ネットインしたときも、トレブルフックはネットに絡まって外しにくい、ケガをしたということも少なくなるのではないでしょうか。

外しやすさがメリットその④です。

wp-1594462757508.jpg

メリットその⑤はバレにくさです。

シングルフック2つが、スプリットリングとチューブでで連結したような構造をしているので、鈎がある程度可動します。

ファイト中の魚の頭の振りに合わせて動いてくれるので、鈎で空いた穴が広がらずバレにくいということになります。

ちなみにこの熱収縮チューブですが、魚を掛けた後裂けてしまうことがあるようなので、予備を持っていくのがお薦めだそうです。

裂けてしまうのはデメリットでもありますが、可動性があるのでバレにくいのメリットでもあるそうです。

wp-1594462757492.jpg

メリットその⑥はルアーとフックが干渉しにくいことです。

こちらのルアーはちょうどフックが当たる場所にフックの軌跡どおりの傷(フックサークル)が入ってしまっています。

ロールする泳ぎをするルアーなので、どうしても針先が当たることになります。

wp-1594462757512.jpg

ツインフックシステムはフロント側のフックは針先を下に向けて接続するので、針先がルアーに当たりにくくなります。

ルアーのボディを傷つけない、針先が鈍らない、余計な金属音を出さないいうメリットに繋がります。

ちなみにですが、フロント側の針先を上に向けるとボディと干渉しますが、フックがボトムに着かないので根掛かりしにくくなるという効果があるそうです。

私は、トップウォーターや表層系のルアーを使うので気にしたことはありませんが、シンキングのルアーなど、ボトムを攻める釣りをする方は覚えておいて損はなさそうなテクニックです。

以上がツインシステムの6つのメリットになります。

入手性や価格などでトレブルフックに比べて悩ましい部分もありますが、これだけのメリットがあると導入を考慮してみたくなりますよね♪

ツインフックシステムのラインナップ68641-2-0[1]

ツインフックシステムですが、種類がいくつかあって特注品扱いでHPやカタログに掲載されていないものもあるようです。

少しややこしいのでまとめておきたいと思います。

針の形状の違いから「RB」と「SP」の2種類があります。「RB」はラウンドベントタイプ、「SP」はスロープベントタイプです。

「RB」は丸型のフック形状で針先カーブポイント(少しネムっている)で、

「SP」は少し角が付いてて針先は少し内向きのストレートタイプという違いがあります。

それぞれのタイプが線の太さで2つに分かれています。

「RB」はHクラスとMクラス、「SP」はMHクラスとMクラスがあります。

SPのMクラスはバス釣りでの使用をイメージしているのでフッ素コートがされています。それ以外はソルト用にスズメッキコートがされています。

ちなみに「RB」は特注品扱いになっていて、カタログやHPに掲載がありませんが、店頭では見かけることがあります。

サイズ展開がわかりにくので一覧表を作りました。

  #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1 1/0 2/0 3/0 5/0
ツインSP-M 0.24 0.29 0.35 0.41 0.52 0.64     1.3 1.6 1.9  
ツインSP-MH     0.45   0.61   0.99   1.50 1.80 2.20  
ツインRB-M 0.15   0.21   0.33   0.51 0.82 1.10      
ツインRB-H         0.47   0.77 0.95 1.20   1.80 2.60

オフショアで使うとすれば、この辺でしょうか?

  1/0 2/0 3/0 5/0
ツインSP-M 1.3 1.6 1.9  
ツインSP-MH 1.50 1.80 2.20  
ツインRB-M 1.10      
ツインRB-H 1.20   1.80 2.60

※フック重量の表で単位はgです。
※スプリットリングは含まない重量ですが、商品はスプリットリング付きです。
※がまかつ社資料より抜粋(http://www.gamakatsu.co.jp/img/pdf/hook2_list.pdf)

wp-1594462757512.jpg

今年の夏のヒラマサ、シーバスゲームはこのツインフックの6つのメリットを体感したいと思います♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索