錆びないだけじゃない!?「ステンレスジギングフック」のメリット・デメリット

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先月ぐらいから、ステキ針さんのジギングフックをいろいろご紹介していますが、ステキ針さんと言えば「幻」もそうなのですが、ステンレス製のジギングフック「ステンレスファイター伊勢尼」も人気のフックです。

ステンレス製のジギングフックは珍しく、他社の製品では、ほとんどありませんのでステンレス製のジギングフックを使うとなればステキ針「ステンレスファイター伊勢尼」を、選ぶことが多くなると思います。

今日は「ステンレスファイター伊勢尼」を、ステンレスフックのメリットやデメリットを交えながら、ご紹介したいと思います。

錆びないだけじゃない!?ステンレス製ジギングフック「ステンレスファイター伊勢尼」

ステンレスファイター伊勢尼は、名前の通りステンレス製のフックなのですが発売してから数年立つ今でも人気のジギグフックです。

私は、キャスティングのシングルフックとしても利用していますが、全然錆びない為、フックポイント(針先)を何度でも研いで、繰り返し使えるのが人気の理由だと思います。

ステンレスフックを使うようになってから、フックシャープナーをタックルボックスに入れておくようになり、根掛かりを外した時にフックポイント(針先)にダメージがあった時や、キャスティングで船べりにカツーンとあてて針先を丸くしちゃっ時も、交換せずに研いで使ったりしています。

普通のフックはあまり研ぐとメッキが剥がれるため、針先から錆びてきてしまいますが、ステンレス製なので錆びずに繰り返し使えます。

デメリットとしては価格が若干高めですが、長い間使えることを考えると、研いで繰り返し使われる方はお得だと思います。

「叩タイプ」と「管付タイプ」があり性能がやや異なる

ステンレスファイター伊勢尼は「管付タイプ」と「叩タイプ」がありますが、同じ号数を比べた写真ですが、見た目が全然違うように感じると思います。

一見、管付きのほうが細軸に見えますが、

管付モデルは、5面平打ち加工というステキ針独自の特殊な加工がしてあり、強度に非常に優れているそうです。

横からみるとわかりやすいのですが、細く見えますが、太さは同じです。

叩モデルも広めの平打ち加工で強度は抜群。5面平打ち加工は結構大変でコストのかかる加工らしく、の管付きモデルも叩同様の平打ち加工になるかも?とのことです。

どちらも40kgまで強度テストしましたが、かなり柔軟で伸びにも強く強度も抜群。大型魚も安心して使えるフックだと思います。

菅付モデルは掛け針に使うのもあり

「幻」と比べるのとわかりやすいのですが、ステンレスファイターの管付モデルはややネムリが入っているもののやや上向きに近い形状で、刺さり重視というよりも掛け重視で使うのもおすすめです。

ジギングで当たるけど乗らない、キャスティングで触ったけど掛からないなどの場合に使うと、なかなか掛かりやすいフックです。

キャスティングでシングルフックのらんな〜なんて時に、管付きモデルのツインフックにしたりして使っています。

管付きモデルはバーブ(カエシ)がやや大きく感じますが、ステンレス製で柔軟ですので、半潰しなども可能です。

ルーターなどで削っちゃっても、ステンレスなので全然錆びません。

鋼製のものは削ったりすると、メッキが剥がれてかなり錆びやすくなりますが、ステンレス製は安心してバーブを潰したり削ったり出来るのが嬉しいですね♪

菅付モデルは、カエシ潰しちゃうのも貫通性能が高まりますのでおすすめです♪

サイズの種類がめちゃくちゃ豊富! 

 

ステンレスファイターの叩モデルですが、なんとサイズが12種類とかなり豊富です。

フックポイントもかなり鋭く、ネムリが内側向きで貫通性能がかなり高く

口の硬い真鯛のジギングやシーバスなどのライトジギングや、アジやイサキのSLJ(スーパーライトジギング)、鯛ラバフックにもおすすめです。

細軸や小型のフックは特に錆びやすいので、ステンレス製を使うとかなり長い間使えて重宝します。

19号前後はスローピッチにもおすすめで、ツインフックにしても、片方が錆びたり、フックポイントがダメになって使えなくなるということがありませんので、長い間使えて最終的にはコスパが良くなってます。

ルアーバンク・ジギング魂公式ストアで販売しているのですが、

全てのサイズで「アシストフック」を作ってみてサイズ感がわかるようにしてあります。

キャスティングシングルフックの場合はこんな感じ。

※「実物サイズ機能」や「各フックの重量」も全て測って掲載しております。

こんなにサイズの種類があるジギングフックは、なかなかありませんので、いろいろなオフショアの釣りをカバーしてくれると思います。

ステンレス製ジギングフック「ステンレスファイター伊勢尼」。

デメリットと言えば、若干高めの価格だけなのですが、繰り返し使えますし、1本単位で購入できるバラ売り販売や、セット特売もありますので、まだ試されたことのない方は是非お試しください♪

 

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索