ヒラマサの吸い込み力(吸引力)って凄い!ちょっとした貴重な体験を共有します!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

おはようございます。会長です。

今、九州にヒラマサキャスティングに遠征に来ています。

いつものように2泊5日の強行スケジュールで、毎日、朝早くから日が暮れるまで釣りをしているので、クタクタです。

その遠征の釣行中に面白い体験をしましたので、その体験を共有したいと思います。

シイラを吸い込むヒラマサ。釣り上げられたヒラマサの吸引力の強さを体験

九州に来て初日、ヒラマサのベイトがシイラで、シイラがあちこちで逃げまくっていて、激しい水しぶきを上げてヒラマサがシイラにバイトしています。

10kgぐらいのヒラマサが上がった時にちょうど、ベイトになっているシイラが掛かり、同時に船の上に上がりました。

こんなん食べてるのね。

口に入るんやろか?

と思い、シイラのヒラマサの口にちょっと入れてみると。

すっぽり入るんですね。

写真を撮ろうと思った瞬間。

ヒラマサが、シイラを吸い込み始めました。

かなり強い力でニュルニュルとシイラを飲み込んでいきます。

掃除機で吸い込むかのように、シイラがどんどん口の中に収まっていきます。

引っ張っても吸引力が強く、引き出すことが出来ません。

そして、シイラが完全に口の中に収まってしまいました。

続けてみると、

シイラ丸呑みです。

吸い込み系の魚だとは聞いてはいましたが、本当に吸い込むんですね。

1kgはないかもしれませんが、数百グラムのシイラを吸い込むのですから、かなり強い吸引力です。

ダイソンの掃除機でも流石にあれは吸い込まないと思います。

ルアーやフックを丸呑みする理由がよく分かりました。

横から吸い込んで食って、折り曲がった魚が入っていることもあるそうです。

いろいろな魚の捕食シーンってありますが、陸上での捕食シーンってとても貴重な体験でした。

では、ラスト一日、今から頑張ってデカイの釣ってきます!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索