皆んなちょっと気になってる!? ハピソンの「電動ラインワインダー」レビュー

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

フィッシングショーぐらいから話題だった、HAPYSON(ハピソン)の電動ラインワインダーが発売されました。

取り急ぎ必要ではなかったのですが、数名の方に「レビューして欲しい」、「究極の糸巻きスプールは使えるのか?」など、メッセージをいただきましたので、ちょっと試しに購入してみることにしました。

電動で糸巻きとテンションをかけることができる「電動ラインワインダー」

こちらが、購入したハピソンから発売された「電動ラインワインダー」YH-800です。

電動でリールのPEラインを巻き取ったり、リールにラインを巻き取る時にテンションを掛けれる便利アイテムです。

とりあえず、SLJ(スーパーライトジギング)に使っているPEラインが古くなったので、交換してみることにしました。

とりあえず、ご質問をいただいた、究極の糸巻きスプールHD(ブラック)に巻き取ってみます。

もともとは、こちらのデカイスプールが一つついています。

テーパーパーツとナットで取り付けられていて

奥側は、テーパーの上に大きなゴムワッシャーがついています。

テンションなどかける時の滑り止めだと思われます。

究極の糸巻きスプールも普通につけることができましたので、ラインを巻き取ってみます。

「ON」を押すと回転開始、赤い「OFF」ボタンで、回転がストップします。

片手はリール、もう片手はラインが偏りしないように指ワインドしていますので、足で操作するのがいいようです。

巻き取り速度は調整可能ですが、最高速の「7」でも意外と遅めです。10m巻くのを測ってみたら、大体20秒から25秒でした。

スプールの直径によって巻き取る速さは変わりますでのもうちょっと速くなるかもしれませんが、100mで200秒、300mですと600秒(10分)ぐらいはかかると思われます。

遅いのいらないんじゃないか?と思いましたが、巻き取りの最後の方はゆっくりにした方が安全ですので、最後の5mほどは「3」か「4」ぐらいにするのがおすすめです。

究極のスプールは、塩抜きやコーティングだけでなく、ラインを捨てる時に大変便利です。

 

クリアタイプも装着することが出来ました。

もうひとつ、ご質問のあった販売している「空スプール」も問題なく装着できました。

 

個人的に気になっていた、シマノのEX8PEの8号600m巻きの大型スプール。

こちらも、ギリギリですがつけることが出来ました。このスープルが付けれましたので、ほとんどの長さのスプールは付けれそうです。

次は、リールにラインを巻いてみます。

連結スプールですが、このように片方に出っ張りが出ています。

出っ張りをテーパー側にしないと取り付けできませんが、取り付けたところ、上からラインが出てきました。

このラインワインダーは、電動式でテンションを調整することができますが、写真のように上からラインを引っ張らないと、逆転ではテンションが掛からないようです。

テンションは1〜7までありますが、kgではなく、最大は3kgとのことです。

PE0.8号ですので、「1」にして巻き取りました。

巻き取り時は、グリップを足で押さえておかないと、動いてしまいますが

意外と、本体を足で押さえた方が、体勢的に楽チンでした♪足が短いから。。。

巻きはじめがちょっと重い感じがしますので、最初はスプールを抑えてラインを引っ張って、電動テンションが掛かり始めたら一定のテンションで巻くことが出来ました。

※電動でテンションが掛かるとウィーンウィーンなります。

今、手元にオッズポートのような直径が大型のスプールがありませんので、試していませんが、ご質問いただいた、ほとんどのスプールは装着できるようです。

今度は、太いラインもテンションMAXで巻いてみて、レビューを追記したいと思います♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索