釣り専用はやはり違う! Hapyson「充電式ヒートカッター」レビュー

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1621248451181.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日釣りにいき、船の上でノットを組む機会がありました、が、なんと愛用のガスライターが燃料切れでした。

その場は、ライターをお借りしてなんとかなりましたが、やはりこういうった道具のチェックは大事ですよね。

ということで、前から気になっていたHapysonの「充電式ヒートカッター」を購入してみました。

これまでもUSBライターなどで代用したことはありますが、釣り専用として発売されている道具はどうか!?

使ってみた感想をレビューしてみたいと思います。

やっぱり釣り専用は違う!?いろいろ便利!

wp-1621249175730.jpg

こちらが購入したHapyson「充電式ヒートカッター」です。

手のひらサイズのコンパクトな、USB充電式のラインカッターです。

防滴仕様になっていまして、カッター部とUSB充電部にカバーがついていて、カッチリ閉鎖できるようになっていました。

丸いデザインで、タックルボックスの上においたりすると転がりやすいと思いますので、付属しているリングにコードなどを付けるたりカラビナなどに引っ掛けて置くとと良い感じだと思います。

キャップ側にリングが付いているので、カラビナなどにつないでも使う時に本体が外せるがいいですね。

YQ-900

先端のキャップを開けるとこんな感じです。

ラインカッターになるニクロム線が露出しています、またスリットが入っているので狙った場所をカットしやすいようにできています。

しかも、温度が二段階に調節できるようになっています、もしかしたら強い方なら極太のリーダーでもいけちゃうかも!?

あまり大きな熱を必要としないPEラインをカットする場合に弱のパワーで節電できるのはいいですね♪

wp-1621248451194.jpg

発熱している間はLEDが点灯するようになっています。

ラインの先端が見やすくなるので、夜釣り使ったり、早朝集合で暗い場合に嬉しいです。

切れ味は抜群でPEはもちろん、フロロカーボンのリーダーも簡単にカットできます。

wp-1621249604824.jpg

ニクロム線の丸い部分に押し当てると「焼きコブ」を作ることができます。

丸く作るには少しコツが必要でラインをくるくると回してやると良い感じにできます。

押し当てるだけだと平たいお皿みたいな焼きコブになります。

練習でお好みの焼きコブが作れるようになりますが、かなりギリギリにコブを作ることが出来ますし、風があっても問題ないのでやはり便利ですね♪

wp-1621248451164.jpg

ニクロム線が露出しているので、燃えカスなど汚れが貯まってきたら、付属のブラシで掃除することができます。

こういうところが釣り専用に作られているなと感じます。

wp-1621248451181.jpg

どこまで太いラインがカットできるかは気になるところですが、太い130lbもカットができました。

出力を二段階に選べますが、弱のほうでも130lbのラインがカットできました。

強のほうが素早くカットできますし、強では、おそらくもっと太いラインでもカットが可能だと思われます。

やはり、USBで充電式で乾電池を買い直さなくていいですし、風の強い船での移動中などにも使えて、薄暗い場所でもLEDで切る場所や焼きコブ作る場所が照らされるのはいいですね!

Amazonでも評価が★4つと非常に高評価です。

ちょっと価格はしますが、それぐらいの価値はある、持っていると確実に便利な、おすすめのアイテムだと思います♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索