ジャッカルから発売の新ジグサビキ「フラッグトラップ SLJサビキ」がかなり面白そう!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

P1077497[1]

おはようございます、しょうへいです。

ジャッカルより「FLAGTRAP SLJ SABIKI(フラッグトラップ SLJサビキ)」が新登場します。

ジグサビキといえば、お土産のアジやサバ、小型の青物まで狙える楽しい仕掛けです。

フラッグトラップ SLJサビキはSLJ(スーパーライトジギング)を想定したセッティングになってるそうで、

おっ!これは良さそう!と思えるポイントがありましたので、ご紹介したいと思います。

ここが違うぞフラッグトラップ SLJサビキ

FT_SLJ_sabiki_color[1]

ジグサビキといえば、リーダーとジグの間にサビキ仕掛けを加えて、なかなかジグでは狙いにくい魚を狙ったり、魚はいるけどベイトが小さいときになんとか釣ってやろうという仕掛けです。

ベイトが何なのか確認するのにも重宝しますので、たまに付けることがあります。

サビキなので、従来の仕掛けはサバ皮やティンセルなど、堤防で使うサビキと同じようなジグサビキでしたが、フラッグトラップ SLJサビキには、フラッグ(ラバー)がついています。

スキン仕様のサビキもありましたが、それよりも大型でテールが長いラバーが目を引きます。

同じくジャッカルより今年発売したメタルジグ「フラッグトラップ」と同じようにシリコン製のラバーが搭載されています。

フラグトラップのレビュー記事はこちら→ジャッカルのSLJ用メタルジグ「FLAG TRAP フラッグトラップ」実釣レビュー!

フラッグトラップ SLJサビキはさらに夜行玉もプラスされています。

V型のラバーは潮受けがよくヒラヒラ漂いますし、夜行玉の光もあいまってアピール力が大きそうです。

PVもありますが、アジが鈴なりについていますね♪

私もジグサビキをすることはありますが、動画の通りフォールで当たることが多くあります。

ベイトタックルを使ってフォールを意識して使うと釣果アップに繋がります。

FT_SLJ_sabiki_length[1]

SLJタックル向けということで、全長80㎝に抑えられているのもポイントです。

SLJタックルは長くても6フィート半くらいでしょうか、そのくらいの竿の長さですと仕掛けは短いほうが使い勝手が良いです。

取り込むときもサルカンがガイドに入るからこれ以上巻けない~ということも起りにくくなります。

全長が短くて取り回しが良いので、先ほど述べたようなフォール主体の使い方以外でも、スピニングタックルを使ってしゃくりながら負わせる釣りでもストレスがなさそうですね。

ft_slj_sabiki_spec2[1]

サイズも3サイズ用意されているので、狙いたい魚に合わせて選ぶことができます。

そして、定価が320円と大変リーズナブルです。

binbin_ajisabiki_pack-1[1]

ちなみにですが、同じくジャッカルから「ビンビンアジサビキ」という、タイラバタックル向けの仕掛け発売されています。

こちらは全長が180㎝と長めです。

これはSLJと違い、等速巻きが中心となるタイラバで急激にラインがたるみが発生し、トラブルが少ない長さで設計されているそうです。

タックルに合わせて使い分けることができますね♪

ジグサビキは遊漁船によってルールが異なりますので、持っていくときは事前や使う前に確認することが必要な場合がありますが、やってみると意外に面白く、何より美味しいお土産が確保できるジグサビキ。

タックルボックスに忍ばせておきたいアイテムですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索