自作アシストフックの必須アイテム「接着剤」がカチカチに固まらない保存の裏ワザ

Pocket
LINEで送る

DSC_0118[1]

おはようございます、しょうへいです。

自作アシストフックの強度実験をいくつかおこなってきましたが、接着剤は「ほつれ止め」や「強度の補強」に効果がるとわかってきました。

前回行ったアンケートでも、8割以上の人がアシストフックに接着剤を利用しているみたいですね。

ところでこの接着剤、しばらくほったらかしにしているとカチカチに固まって使えなくなりますよね、そんな固着を防ぐ小技をご紹介したいと思います。

接着剤はなぜ固まるのか!?

DSCF2014[1]

接着剤を使ってアシストフックを作ってから2,3ヶ月放っておくと、接着剤が容器の中で固まって出てこない!!

そんなことありませんか!? 私はけっこうやらかしていました。

接着剤、特に釣り名人アロンアルファなどの瞬間接着剤は、その名のとおり瞬間なので、とても固まりやすいです。

専用の容器に入っていても固まってしまうことがあります。

そんな瞬間接着剤ですが、固まる原理は空気中の水分にあります。
※接着剤の種類によっては、溶剤の気化や化学反応で固まるものもあります

つまり、湿度があるから固まってしまう、ということになります。

ということは湿度をシャットアウトすればOKということですね。そこでこちらのアイテムを使います。

DSC_01121[1]

お菓子になどに入っている「乾燥剤」です!

私はカメラの趣味もあるので、カメラ保管用のでっかい「石灰乾燥剤」を使っていますが。お菓子に入っているシリカゲルでも効果は同じです。

乾燥剤と接着剤を、ジップロックなどに入れておけば、湿気による硬化を防いでくれます。

大体オフシーズンごとにアシストフックを作りますが、半年から一年くらいは固まらずに使うことができますよ。

このまま保管するのもいいですが、もともと湿度の低い、冷蔵庫に入れるとより長持ちしてくれます。
※冷蔵庫にいれるときは、結露などに注意が必要です

私は自作アシストフックの接着剤は「裁縫用のほつれ止め」を使っています

DSC_0129[1]

私は最近は、アシストフックを作る際には接着剤の代わりに「裁縫用のほつれ止め剤」を使っています。

さらさらしていて、糸に染み込んでいくので使いやすいのが特徴です。

意外と硬く固まりますので、一度固まれば解体するのが大変なくらい固まってくれます。

瞬間せ接着剤に比べて、乾燥には少し時間がかかりますが、水で洗っても大丈夫な商品なので海水につけてもトラブルが起きたことはありません。

容量も多く、常温で保管しておいても固まらないのが良い所です♪

ちなみに皆様はアシストフック作りにどんな接着剤を使っていますか!?

その他、マニキュアを使っている方や、ケイムラ塗料などを使っているという方もお聞きしたことがあります。

みなさまどの接着剤で補強していますか!?

アンケートにご協力をお願いします。

アシストフック自作時の接着剤は何を使っていますか?

  • アロンアルファなどの瞬間接着剤系 (86%, 453 Votes)
  • その他 (5%, 27 Votes)
  • マニキュアなどの化粧品系 (4%, 20 Votes)
  • ウレタンなどの樹脂系 (2%, 13 Votes)
  • ケイムラ塗料などの塗料系 (2%, 9 Votes)
  • ほつれ止めなどの裁縫道具系 (1%, 5 Votes)

Total Voters: 527

Loading ... Loading ...
  • アンケートは約2日で回答できなくなります
  • 2日目以降は結果が表示されます
  • 回答いただくと途中結果が表示されます

ご協力ありがとうございました。

その他の方は、コメント等で使っているアイテムをご紹介いただけると嬉しいです♪

今後、どの接着剤が適しているのか!?や水溶性などの接着剤を水に付けておいたら強度がどの位落ちるのか?などのテストもしてみたいと思います。

 

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。