簡単にラバーペイントが出来るAZの「ZEQUE」でメタルジグのレストアをやってみた。

Pocket
LINEで送る

DSCF0748[1]

おはようございます、しょうへいです。

潤滑油などを発売しているAZ(エーゼット)というメーカーをご存知でしょうか!?

AZより、ラバーのような皮膜をつくる塗料スプレーが販売されていました。

これってもしかしてメタルジグのレストアに使えるのでは!?と思ったので、実際にレストアしてみた感想をレビューしてみたいと思います。

剥がせるラバー皮膜が作れる凄いスプレー

こちらはAZラバーペイント ZEQUEという商品です。

ラバーのような皮膜をつくることができ、しかも後から剥がすことができるというスプレーです。

AmazonでAZが直販を始めたようで、目についたので買ってみました。

また、仕様用途が車やバイクのボディやアルミホイールなどと金属向けで、油性なので水で落ちることはないようです。

メタルジグの再塗装は、みなさまいろいろコダワリがあると思いますが、もしかして一番簡単にできるのでは?と思ったので買って挑戦してみました。

DSCF0735[1]

長年使ってるメタルジグです、落としたりしたこともあって、かなりボロボロです。

DSCF0736[1]

まずは塗装を剥がしました。

綺麗な塗装の剥がし方はこちら→メタルジグのホログラム張り替え① 塗装を100均のアイテムで簡単に剥がす方法

今回は急いでやったのでガリガリとヘラで剥がしてしまいましたが、こちらの方法のほうが綺麗にとれます。

DSCF0741[1]

その後は説明書に従い、重ね塗りをしながら塗装しました。

お気づきかもしれませんが、私こは塗装がヘタクソです(笑)

メタルジグが柔らかい鉛なので、ヘコミなどもありますが、そのまま塗り重ねてみます。

DSCF0742[1]

数時間で硬化しました。

たしかにラバー風で、もったときに独特の手触りがします。

金属用なので、金属に対して食いつきがよく、下地などなにもしていなくてもちゃんとくっついてくれます。

今回は、メタリックゴールドを選んだのですが、残念ながら、光沢もあまりなく、反射は少ないです。

ホワイトとかを選ぶべきでした。

DSCF0738[1]

注意点ですが、元から塗装やホログラムが貼ってあるジグに上から吹きかけるのはオススメしません。

溶剤が含まれていますので、元の塗装が浮き出てボコボコになってしまいます。

DSCF0744[1]

今回のメタルジグも、アイの部分の塗装が剥がれてしまいました。

本来は別売りのアイを買って来て貼り付けるのがいいと思いますが、手持ちがなかったのでとりあえずカッターで目の部分の塗装をくり貫いて、マジックで書いておきました。

ヘタクソですいません~~~~^^;

あとからアイを買って来て貼りたいと思います。

DSCF0748[1]

皮膜は意外と丈夫で、完全に硬化していれば数回のジギングでは問題にならないと思います。

(このへんは実際に使ってみたいですね)

説明にあったとおり、ラバー風の皮膜をつくるので、失敗したときなどはベリベリと剥がすことができます。

下地の鉛の色のシルバーのほうが、なんだか釣れそうな気がしますね(笑)

今回は、購入したカラーを失敗しましたが、手軽にリペイントができて、失敗してもあまりダメージにならないのが良い所だと思います。

試しにリペイントしてみようかな?という気軽な感じで使えます。

次は、蛍光色や、ホワイトを試してみたいと思います。

価格が激安で通常でも580円(送料無料)、ホワイトなんかは発売記念で198円(送料無料)で売っています。

ブラックなんかも298円とお安いので、一度お試しあれ〜

AZラバーペイントZEQUEのカラーと価格一覧

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。