「TGベイト」が「ソルティガ TGベイト」にリニューアル! どこが変わったのか聞いてみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1518159251392..jpg

おはようございます、しょうへいです。

なにかと小さいルアーが大活躍することってありますよね♪

小さいルアーといえば、タングステン。タングステンといえば定番はダイワのTGベイトですね。

TGベイトが今年、「ソルティガTGベイト」としてリニューアルしました。

いったいどこが変わったのでしょうか!?実際に聞いて教えてもらってきました。

より大物に対応!?ソルティガTGベイトがリニューアル

wp-1518159251468..jpg

一番の違いは、アイが大型化したことです。

写真はプロトのものなので少し大きすぎますが、アイが大きく生まれ変わっているそうです。

わかりやすさの説明のために、プロトモデルのものも見せていただきました。

o0960042614113500019

上がニューモデルです。形も少し丸みを帯びていますね。

TGベイトはジグが小さいのでアイも小型でしたが、小さなルアーでも思わぬ大物がヒットするのがジギングの魅力です。

大型のヒラマサなどに対応するには、それなりの大きさのスプリットリングをつけたいという要望があったそうです。

そんな大型のスプリットリングを取り付け易くなっているのが、新型の「ソルティガTGベイト」の特徴だそうです。

wp-1518159622342..jpg

また、ジグの下側にエッジが追加されました。

このエッジのおかげで少し水切りがよくなり、引き抵抗がすこし軽くなっているそうです。

小さいルアーですので、もとから引き抵抗は少ないジグでしたが、より使いやすくなっているそうです。

このエッジでアクションが変わるということはないそうなので、使い方はこれまで通りでより使いやすくなっているということになりますね♪ ま

た、今回のリニューアルで180gのウエイトが追加されています。 ディープゾーンや激流のドテラ流しでも活躍の場が広がりそうです。

wp-1518159251432..jpg

TGベイトSLJも追加されていました。

その名の通り、スーパーライトジギング向けのモデルです。

こちらはティンセル付きのフックが初めからセットされています。 パッケージからあけたらすぐ使えるのは嬉しいですね。

フックにティンセルが付いているのも良いですね、これだけでも釣れそうです♪

スーパーライトジギングは軽いジグで底を取らなければなりませんが、タングステンはご存知の通り沈下が早いジグです。 潮の流れに負けにくいので、スーパーライトジギングでも使いやすそうです。

TGBaitSLJ_60_FPHMaiwashi

ホログラムも左右非対称になっています。

片面はシルバーのホログラムですが、片面はつるっとした感じの仕上がりです。

フラッシングが強まり、フォールで点滅してくれそうです。

こちらもアピール力がアップといったところでしょうか。

これで、スーパーライトジギングから、大型狙いのジギングまでどんな狙いでもTGベイトが活躍してくれることになりました。

ソルティガTGベイトは5月発売、TGベイトSLJは4月発売とのことです♪

DAIWA ソルティガTGベイト http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/saltiga_tg_bait/index.html DAIWA TGベイトSLJ http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/tg_bait_slj/index.html

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動