素早く結べるラインシステム?「ファイヤーノット」の強度を試してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1521015713446..jpg

おはようございます、しょうへいです。

今日もノットをぶちぶち切っています(笑)

ノットはもちろん強いほうがいいですが、すぐに結べる簡単ノットというものはやはり必要です。

Facebookのメッセンジャーのほうからリクエストをいただきました「ファイヤーノット」の強度テストを行ってみました。

ファイヤーノットを結んでみた

wp-1521015713430..jpg

最近あまり結ばれていないのか、ちょっとちょうどいい解説が無かったので解説がてら結んでみます。

まずはリーダーを2つに折り返して、できたループに下からPEラインをくぐらせます。

wp-1521015713381..jpg

くぐらせたら、2つ重なっているリーダーにPEラインを巻きつけていきます。

6回以上巻くそうなので、7回巻いてみました。

wp-1521015713172..jpg

巻きつけが終わったら、こんどは巻きつけたPEラインの上に乗せるように、同じ回数だけ上に巻きつけます。

PRノットやぐるぐるノットを手でやるみたいな感じですね。

巻き終わったら、さきほど作った、リーダーを折り返してできたループにこんどは上からくぐらせます。

入ってきた方向と逆に入れるのがミソだそうです。

オルブライトノットに近い?のでしょうか?以前テストしたオルブライトノット(改)に近い感じもします。

違いはPEラインをダブルラインにするか、しないかですね。

wp-1521015713197..jpg

結んでみた感想ですが、とにかく早いです。風の吹く船中でも問題なく結べそうです。

また、結び目はかなり小さい部類だと思います。

wp-1521015713446..jpg

というわけで、いつものようにドラグチェッカーで強度テストしてみましょう。

PEラインが2号でリーダーが8号です。

以前やったオルブライトノット(改)と同じ条件です。

このノットを作るときにいろいろ調べたのですが、とにかく早く結べてすっぽ抜けないのが利点だそうで、強度はあまり重視されていないとの情報もありました、どうでしょうか!?

ファイヤーノットの強さは!?

5回テストをしてみました。

PE2号の9kgを基準とします。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 5.75 64%
2 6 67%
3 5.5 61%
4 6.5 72%
5 5.75 64%
平均 5.9 66%

そこまで強い!!というわけではありませんが、そこそこ強度はあるようです。

ちょっと強度がばらついてしまいましたので、この後何回かチャレンジしましたが、6kgを切るくらいの強度で安定しました。

大体6割ちょっとぐらいの強度があると考えてよさそうです。

wp-1521015713464..jpg

簡単なノットですが、意外とすっぽ抜けはありませんでした。

切れるときは必ずPEラインが破断します。意外と優秀かも?

巻きつけ回数を増やせば強度が上がるかと思いきや、試してみるとそうでもありませんでした。

巻きつけ回数が増えると、締め込みが難しくなり、余計に悪化するようです。

6回から7回で十分この強度がでるノットでした。

ガチのジギングには向かないかもしれませんが、ドラグさえちゃんと設定していれば問題は起きなさそうです。

例えばドラグ設定が緩めである、タイラバや、シーバスなどのライトジギングなどでは十分かもしれません。

ノットは適材適所、船の上などで結びなおすときなど急いでいる場合は、このような早く結べるノットでそこそこ強度があれば良いかもしれませんね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動