メタルジグを横に収納する100円のカゴ vs 縦に収納できる2000円のインナーストッカー

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

先日、トレブルフックの収納にMEIHOから発売されている防水ケースをご紹介しました。

一緒に、同じMEIHOから発売されている「インナーストッカー」という商品を買ってみたのですが、この商品2000円前後と結構なお値段の商品です。

実際に2000円の価値があるのか確かめてみました。

メタルジグの収納には100円ショップのカゴを使っていた

今まで、メタルジグの収納には100円ショップのカゴを使っていました。

今度、九州遠征に持っていくメタルジグを入れてみたのですが、50本近く入れてもまだカゴの半分ぐらいです。

出してみたところ、こんなに収納できてるんですね。

穴開きのカゴなのでそのまま、水洗いできますし、タックルボックスにそのまま入れて、現場では釣座の足元に出して使っています。

問題と言えば、メタルジグが重すぎて、取っ手が直ぐに壊れることと、カゴ自体も、海水で劣化してきて割れてしまいますので、1年に一回は買い直しています。

あと、メタルジグを横向きにしか収納できませんので、メタルジグ探しづらいですし、取り出しにくいです。一番下になったメタルジグは取り出すのは、かなり困難なので、よく使うメタルジグを出来るだけ上の方に置いています。

インナーストッカーに移し替えてみる

今回はインナーストッカーに同じだけのメタルジグを収納して、2000円の価値があるか試してみたいと思います。

インナーストッカーには仕切り板が8枚付属していますので、

このように、好きな位置で仕切りを作ることができます。

この仕切り板のお陰で、メタルジグを縦に収納することが出来ます。

セミロングのメタルジグを入れるとこんな感じです。

スミスのナガマサやSFCのメサイヤなどかなり長めのロングジグも立ちました。

ちなみに今回購入したのはSサイズで、ちょっと大きいLサイズもあります。

どんどん入れていきます。

タングステンの小さなメタルジグも入れてみます。仕切りを一番狭くしておけば問題なく立てて収納できます。

100均のカゴに収納していてた、50本近くのメタルジグを全て収納してみました。

全然まだまだ入りそうですし、100円のカゴと違って取っ手がしっかりしていますので壊れそうにありません。

ここに、プライヤーや根掛かり時に使う引っ張り棒を一緒に立てかけておくのがいいかもしれませんね。

インナーストッカーは、同じMEIHOのタックルボックス、バケットマウスにはもちろんぴったり収まるそうですが、他社製品の「ドカット」に収納してみました。

中間サイズの4500に入れた感じはこんな感じです。ロングジグで蓋が閉まらない気がして心配でしたが、問題なく締まりました。

付属品を使うのを忘れていました。これなんだろ?と思ってたら

底にはる滑り止めゴムのようです。

100均のカゴは、波が高いときなど船の上で滑って動いてしまいますが、これはグリップ力がかなり高いので安心できそうです。

若干、穴が空いていて波かぶったり、雨が降ってきても水が貯まることも無さそうです。

変な形のパーツは底にひくクッション材のようです。

クッション材と滑り止めゴムを付けたので、高さが増えて、ロングジグが入るか心配でしたが、ぎりぎり収まりそうです。

2000円の価値があるかどうかは人それぞれかもしれませんが、カゴに比べての魅力をまとめると。

  • 取っ手が壊れにくいので釣座に持っていきやすい
  • 滑り止めゴムがついているので船の上で動かない
  • メタルジグを縦に収納できるので探しやすく取り出しやすい。
  • プライヤーを一緒に立てかけておけば、交換はかなりスムーズに行えそう。
  • カゴに比べて耐久性はありそうなので、2、3倍以上はもちそう。

カゴのメリットは安さだけですので、ストッカーがメタルジグ1本分の価格だと考えると、機能性を求めたい方にはオススメです。

 

横にステッカーを貼るスペースがあるのも何気に嬉しいですね♪

乗合船で見かけたら声かけてください♪

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。