マダイを釣ったらお試しあれ! アレを使って簡単に作る「即席鯛めし」がなかなか美味い件

Pocket
LINEで送る

20171208-DSC_4871[1]

おはようございます、シェフしょうへいです。

おひさしぶりの料理ネタです。

マダイのノッコミシーズンですね♪ 毎日SNSではマダイの釣果がバンバン報告されていますね。

さて、鯛はいろいろな料理にすることができるのですが、私が好きなのが鯛めし。

今日は、スーパーで見かけるでアレを使って作る「即席鯛めし」をご紹介いたします。

アレをまぜるだけで!?美味しい鯛めしが!?

DSC_5442[1]

鯛めしといえば、ご飯と一緒に鯛を炊き込んだものや、ご飯に薬味と刺身を混ぜて食べるものと、いろいろ地方によって料理法がかわります。

今日は、ご飯に薬味と一緒に刺身を混ぜ込むタイプの鯛めしを作ってみたいと思います。

さて、鯛を釣ったらまずはお刺身にしたいですよね。

私もマダイの刺身やレンコダイやチダイの昆布締めなど大好きで、それらを肴に日本酒を楽しんでいると、最後にはシメに鯛めしが食べたくなります。

お酒を呑んでふらふらになってるときに、薬味の用意やをするのはめんどくさいし、炊き込むタイプも好きですがすぐには作れません。

鯛めしの薬味といえば、白ゴマ、青菜やわかめ、大葉や葱などを使うのが多いですね。

そして醤油や塩で味を調えます。

そこで!

20171208-DSC_4855[1]

「おむすび山青菜味」の登場です♪

青菜やゴマなどの薬味、そして塩味が一緒になっているので、かなり便利です。

20171208-DSC_4859[1]

まず温かいご飯に「おむすび山」を混ぜ込みます。

20171208-DSC_4864[1]

鯛の刺身をどーんと入れてしまいます。

20171208-DSC_4871[1]

これだけで、おいしい鯛めしができてしまいます。

もちろん、ホンモノの青菜や大葉を混ぜたほうが美味しいかもしれませんが、この方法はかなり短時間で作ることが出来ます。

酒の飲み過ぎで、べろべろになった状態でも簡単に作れるということです(笑)。

味も意外としっかりしていて、少し醤油を垂らして香りをつけることで、より美味しく食べることも出来ます。

20171208-DSC_4931[1]

そして、そのまま刻みのりとわさび、熱い出汁をかければ鯛茶漬けです。

出汁も、「ほんだし」を溶かしたもので十分美味しいですよ。

手軽に、飲んだ後のシメの鯛めしから、さらに鯛茶漬けまで楽しむことが出来ます。

大きな真鯛を釣ると、刺身もそれなりの量あり食べきれないことはよくあります。

半身を干物、残った半身を刺身で楽しみ、食べきれなくなったらシメにお茶漬けというのが私の楽しみです。

「即席鯛めし」も「即席鯛茶漬け」もなかなか美味しいですので、ゴールデンウィーク中にでっかい真鯛釣ったら、是非お試しください♪

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動